愛知県名古屋市の歯医者、吉岡歯科医院

オールオン4

オールオン4とは

こんなお悩みをお持ちの方にはオールオン4がおすすめ

「歯はボロボロだけど、入れ歯は絶対にイヤだ。
でも、なるだけ早く歯を入れて欲しい」という方に

「総入れ歯がどうしても合わない…」「歯がほとんど残ってなくてボロボロ…」「骨が少なくてインプラントを断られた…」
こんなお悩みをお持ちの方にはオールオン4がおすすめです。

オールオン4とは

最低4本のインプラントを埋めるだけで全ての歯を回復できる治療法
オールオン4とは、歯を全て失った場合に行われるインプラント治療法で、片側の顎に最少本数4本のインプラントを埋め込み、その上につながった人工歯を入れることで、手術したその日に見た目の回復、噛む機能の回復ができます。

オールオン4はなぜ手術当日から噛めるのか?

オールオン4詳細図

通常のインプラントは手術当日から噛めないけど…
常のインプラント治療では、骨とインプラントをしっかりと結合させるために、インプラントを埋めた後にはしばらくインプラントを動揺させないよう、安静にするのが原則です。そのため、インプラントを埋めた当日から噛む、ということはできません。

手術当日から噛めるオールオン4の秘密とは
オールオン4が当日から噛めるのにはその仕組みに理由があります。オールオン4の場合は、まず顎の骨の中でも特に硬い部位にインプラントを埋め込むことで、しっかりと初期固定が得られます。加えて、手術当日に、埋め込んだインプラント同士を強固な上部構造(人工歯)で連結することで、さらにしっかりと固定がなされます。

これはつまり、オールオン4の上部構造(人工歯)は、患者様にとっては、「即日に入る義歯」なのですが、実際の本質は、「骨折を固定するギプス」という役目を果たしているのです。このようにしっかりと固定されているシステムであるがゆえに、当日から噛むということが可能になるのです。

オールオン4と総入れ歯の違いを比較

オールオン4は顎の骨に埋めたインプラントが義歯に固定されている状態です。このオールオン4と総入れ歯にはどのような違いがあるのか、見ていきましょう。

オールオン4 総入れ歯
咀嚼効率
咀嚼効率が高い 咀嚼効率が低い
安定性
固定式なので外れない 動いたり外れることがある
違和感
歯茎を覆わないので少ない 歯茎を広く覆うため、違和感が強く出やすい
痛み
義歯との間に物が挟まらないので出にくい 義歯との間に物が挟まって痛みが出やすい
温度・味の感じ方
食べ物の温度や味を感じやすい 歯茎が広く覆われているので味や温度が感じづらい
喋りやすさ
発音しやすく、話しやすい なかなか発音しづらい
骨吸収
骨吸収が起こりづらい 骨吸収が起こりやすい
口臭
起こりづらい 起こりやすい

オールオン4の義歯はしっかりと固定されているため、しっかりと噛めて動かず、快適性が高いのが特長です。
また、総入れ歯のように歯茎を大きく覆うことがないため、違和感が少なく、食べ物を美味しく食べられるのも大きな魅力であると言えるでしょう。

^


ホーム

診療予約

電話をかける