愛知県名古屋市の歯医者、吉岡歯科医院

オールオン4

オールオン4とは

こんなお悩みをお持ちの方にはオールオン4がおすすめ

「歯はボロボロだけど、入れ歯は絶対にイヤだ。
でも、なるだけ早く歯を入れて欲しい」という方に

「総入れ歯がどうしても合わない…」「歯がほとんど残ってなくてボロボロ…」「骨が少なくてインプラントを断られた…」
こんなお悩みをお持ちの方にはオールオン4がおすすめです。

オールオン4とは

最少4本のインプラントで片顎全ての歯を回復できる
片側の顎に最少本数4本のインプラントを埋め込み、その上に全体的に咬めるような固定性の歯を装着できる治療法です。見た目や咬む機能の回復が、手術したその日に早ければできます。

患者様の負担を最小限に抑えた、インプラント治療法
オールオン4は従来のインプラント治療と比べ、埋め込むインプラント数が少なくて済むため、身体的にも経済的にも、患者様の負担が最小限に抑えられる画期的な治療法です。

オールオン4はなぜすぐに咬めるのか?〜オールオン4の仕組み〜

オールオン4詳細図

あごの骨の硬い部分に埋めることで、しっかりと固定される
通常のインプラント治療においては、初期の荷重を避けます。その理由は「インプラントが骨にくっついていない段階でインプラントが動いてしまうと、骨としっかりと結合しないから」です。つまり、インプラントを埋めたら、動かさないことが重要なのです。

だから、通常だとインプラントを埋めたその日に咬むということはできません。

でも、オールオン4では、あごの骨の中でも特に硬い部分にクロスアーチにインプラントを埋めこむことで、しっかりとした初期固定をすることができます。

即日に入る義歯が「骨折を固定するギプス」の役割を果たす
それに加え、手術当日にインプラント同士を強固な上部構造(被せ物)で連結することで、さらなる固定を獲得します。つまり、上部構造(人工歯部分)は患者様にとっては「即日に入る義歯」ですが、その本質は「骨折を固定するギプス」なのです。例えば腕を骨折した際にギプスによって添え木をするように腕が動かないように固定をします。これは元の形に戻したいからだけでなく、折れた骨の断端同士に動揺があると、骨が再生せずに軟組織が介在してしまうからです。

インプラントと骨の結合「オッセオインテグレーション」の成立もこれと似ています。インプラントをがっちりと骨に埋めて、ギプスでしっかりと固定する、これが重要なのです。

オールオン4の治療の進み方

  1. オールオン4の治療の進み方
    1. 歯が一本もなく、取り外し式の入れ歯を使っている人の処置前の状態です。
  2. オールオン4の治療の進み方
    2. 最低4本以上のインプラントを埋入し、しっかりとした初期固定があることを確認します。
  3. オールオン4の治療の進み方
    3. インプラントにアバットメントを装着し、あらかじめ製作しておいた仮歯と適合するよう調整します。
  4. オールオン4の治療の進み方
    4. 調整の終えた仮歯を装着します。インプラントにネジで固定するため、外れることはありません。

オールオン4と総入れ歯の違いを比較

オールオン4はあごの骨に埋めたインプラントが義歯に固定されている状態です。このオールオン4と総入れ歯にはどのような違いがあるのか、見ていきましょう。

オールオン4 総入れ歯
咀嚼効率
咀嚼効率が高い 咀嚼効率が低い
安定性
固定式なので外れない 歯茎に乗っているだけなので動く
違和感
歯茎を覆わないので少ない 歯茎を広く覆うため、違和感が強く出やすい
痛み
義歯との間に物が挟まらないので出にくい 義歯との間に物が挟まって痛みが出やすい
温度・味の感じ方
食べ物の温度や味を感じやすい 歯茎が広く覆われているので味や温度が感じづらい
喋りやすさ
発音しやすく、話しやすい なかなか発音しづらい
骨吸収
骨吸収が起こりづらい 骨吸収が起こりやすい
口臭
起こりづらい 起こりやすい

オールオン4の義歯はしっかりと固定されているため、しっかりと咬めて動かず、快適性が高いのが特長です。
また、総入れ歯のように歯茎を大きく覆うことがないため、違和感が少なく、食べ物を美味しく食べられるのも大きな魅力であると言えるでしょう。

^


ホーム

診療予約

電話をかける