愛知県名古屋市の歯医者、吉岡歯科医院

オールオン4

オールオン4のメリット・デメリット

オールオン4のメリット

オールオン4のメリットは数多くあるため、わかりやすいように治療期間のメリット、治療結果のメリットで分けて見ていきましょう。

治療期間のメリット

レントゲン画像

1日で歯が入る
オールオン4はインプラントを埋め込んだその日に全ての歯が入ります。一方、通常のインプラント治療では、インプラントを埋入した後にインプラントと骨がしっかりと結合するまで安静にする期間が必要です。この期間は下顎で3ヶ月、上顎6ヶ月というのが一般的な目安です。

しかもこの期間は刺激を避けるために入れ歯を入れることもなるべく控えた方が良いため、見た目上、歯がないまま長期間過ごすということも少なくありません。

手術による体の負担を軽くできる
たとえ骨が痩せて少なくなっているケースでも、オールオン4は骨が十分にある部分を選んでインプラントを埋めますので、通常のインプラントで必要になるような骨造成手術が必要ありません。そのため、肉体的な負担が軽く済み、さらに骨造成手術の様々なリスクを避けることもできます。

治療期間が短縮できる
オールオン4を行うケースでは骨造成手術をしませんので、骨造成に必要とする期間を要しません。通常骨造成手術を行なった場所は、骨ができるまでに半年から1年ほど待たなければなりません。それゆえ、患者様には肉体的負担だけでなく、長期の我慢が強いられることになります。

治療結果のメリット

健康的な女性の歯並び

見た目の美しさ
オールオン4は見た目の美しさに優れるのも特長の一つです。それは、総入れ歯が見た目の美しさに優れているのと共通しています。オールオン4の上部構造(被せ物)部分は、前歯から奥歯まで連結した形になったブリッジ状ですが、失われた歯茎の部分も人工材料で作られてあります。

高い清掃性
オールオン4は、インプラントの埋入本数が片顎最低4本、と少ないため、清掃する本数が少なく、管理が楽になります。そのため、結果的に清潔を保ちやすい状態となり、インプラントが長持ちしやすくなります。従来のインプラント治療では、埋める本数を多く必要とするため、その分お手入れが複雑化し、磨き残しも多く出やすくなってしまいます。

経済的
オールオン4は、埋め込むインプラントの本数が最低4本と、通常のインプラント治療に比べ、はるかに少なくて済みますので、経済的であると言えます。例えば、全ての歯を失った場合、従来のインプラント治療では片顎で8本〜14本ものインプラントを埋め込む必要性がありますし、骨造成をしなければならない場合には、さらに骨造成の費用もかかってきます。オールオン4の場合には骨造成を行わずに処置できますので、そのような意味でも経済的と言えるでしょう。

オールオン4のデメリット

どんな治療法にもメリット・デメリットがあるように、オールオン4にもデメリットがあります。オールオン4の治療を考える前にぜひデメリットについても知っておきましょう。

歯が残っている場合にはできない

口元を抑える女性

オールオン4は優れた治療法ですが、総入れ歯のように、全ての歯を失っているケースにしか対応できません。そのため、健康な歯が1本でも残っているケースでは行うことができません。

骨や体の状態によってはできないことがある

オールオン4の素材

オールオン4は骨が少ない方でも行える場合が多いですが、あまりにも骨の状態が良くない場合や、持病の状態などによっては行えない場合もあります。そのような場合には違う方法でなるべく患者様にとってベストな方法を提案させていただきます。

^


ホーム

診療予約

電話をかける