愛知県名古屋市でインプラント治療なら専門医在籍の吉岡歯科医院へ

セラミッククラウンで白くする

美しく変色しない人工の歯は健康保険給付のレジン前装冠で得ることは出来ません。天然歯の深みと躍動感は、エナメル質やデンチン質を透過する光や、それらに反射して散乱する光により得られます。 天然歯と近似した光特性を発揮するセラミックは、審美修復には理想的な材料です。

セラミッククラウン症例:クラウンのやり直し

見た目の悪い被せ物を作り直した例

健康保険の治療でも前歯は白いクラウンを製作することが可能です。しかし、ご覧のように経年的に歯茎のあたりが黒っぽくなっていきます。もともと健康保険で行われている白いクラウンは、「銀歯」の上に白いプラスチック材料を塗って製作されています。一般的に、歯茎の際の部分と舌側は銀色の材料が露出しています。装着当初は際の部分を歯肉の下に押し込むことで隠していますが、時間が経つと歯茎が下がり、際が露出するばかりか、溶け出した金属イオンにより歯茎が紫色に変色してしまいます。これは「メタルタトゥー」と呼ばれていて、とても一般的な現象です。一方、オールセラミッククラウンでは、全てを白いセラミック材料で製作しますので、経年的に歯茎が下がっても色は白いままですし、メタルタトゥーも生じません。

治療前

歯の形が不自然であることも問題だが、経年劣化から歯茎周辺の黒色が目立ち、審美的に問題となっている。

治療後

セラミッククラウンにより、黒色の材料は一切なくなった。ナチュラルな外観と、わずかに色もトーンアップした。

人工ダイヤモンド ジルコニアによる
セラミッククラウン

一言で「セラミック」と言っても、実はセラミック材料はたくさん存在し、それぞれさまざまな特徴を持っています。

そもそもセラミックとは、お茶碗や洗面台、窓ガラスでも用いられているように、非常に脆い材質です。歯科で用いられてきた従来のセラミックも同様で、美しい一方で衝撃に弱く、しばしば欠けてしまうことが問題でした。

一方で、吉岡歯科医院で主に使用しているセラミック材料は、「ジルコニア」と呼ばれる新しいセラミック材料です。ジルコニアは非常に強度が高く「人工ダイヤモンド」としてジュエリーに用いられたり、近年では「セラミック包丁」といった用途に用いられています。

セラミッククラウンにジルコニア材料を用いることで、その強度は6倍ほど強くなりますので、破損のリスクを格段に減らすことができます。

セラミッククラウン症例:歯並びの改善

舌側に引っ込んだ歯の治療 その1

治療前

治療中

治療後

舌側に引っ込んだ歯の治療 その2

治療前

治療中

治療後

歯の傾斜を改善した治療 その1

治療前

治療中

治療後

歯の傾斜を改善した治療 その2

治療前

治療後

歯の隙間をなくした治療 その1

歯並びの問題による治療は矯正治療が第一選択ですが、本症例のように虫歯があるなどいずれにせよ歯を削る必要がある場合は、セラミッククラウン治療でその形を工夫することにより、矯正治療よりもリーズナブルに短時間で仕上がる場合があります。

治療前

前歯の隙間も問題だが、そもそも虫歯や着色もあり、問題が複合的に生じている。

治療後

セラミッククラウン治療により、短期間で色と歯並びの問題を解決した。

歯の隙間をなくした治療 その2

治療前

治療後

ナチュラルな色調再現も可能な
セラミッククラウン

患者さまの好みに応じて真っ白な歯もつくれますし、あえて黄色味を加えたり、凸凹に色を塗ることで、自然な歯を模倣することが可能です。

天然の歯は本当に一様な真っ白ではありません。わずかに黄色であったり、グラデーションがかかっていたりします。あえて真っ白にするか、ご自身の天然の歯とより溶け込むような色合いにするか、調整が可能です。

セラミッククラウン症例:崩壊したお口の再建

著しい虫歯で歯が崩壊していた

治療前

治療前のレントゲン写真

治療後のセファロレントゲン写真

治療後のレントゲン写真

治療後