愛知県名古屋市の歯医者、吉岡歯科医院

新型コロナ感染予防対策
フルマウス治療

インビザラインについてよくある質問Q&A

Q. インビザラインの治療期間はどれくらいですか?

A.数ヶ月〜3年くらいですが、症例によって変わります。
部分的に矯正を行う場合だと数ヶ月で終了することもありますが、全体を行う場合には3年ほどかかることもあります。これはワイヤー矯正でも同様です。簡単な症例ほど短期間で、難しい症例ほど長期間かかります。

Q.インビザラインは他の矯正のように痛みは出ますか?

A.一般的に、ワイヤー矯正などに比べ痛みははるかに少ないです。
インビザラインは優しい力で歯を移動できるように工夫されていますので、歯が動く際の痛みは他の矯正法に比べて少ないのが特徴です。また、歯の表面に装置がつかないため、お口の粘膜が傷つくこともなく、そういった意味でも痛みを少なく矯正することができます。

Q.マウスピースを装着していて、発音しにくくないのですか?

A.最初は慣れないかもしれませんが、徐々に慣れてきます。
最初の数日は発音しにくい感じがあるかもしれませんが、だんだんと慣れて普通に喋れるようになりますのでご安心ください。

Q.詰め物やかぶせものがあってもできますか?

A.他の矯正方法よりも、大丈夫な場合が多いです。
インビザラインのマウスピースは、歯全体を包み込むようにして徐々に歯を動かしていきますので、他の矯正治療方法と比べて詰め物や被せ物、差し歯があっても問題なく矯正治療を行うことができる場合が多いです。

Q.どれくらい目立たないのですか?

A.注意を払って見ない限りそれほど気づかれることはありません。
0.5ミリという、薄くて透明なマウスピースですので、パッと見た感じでは全く気づかれません。近い距離でしばらく向かい合って会話をすると気づかれることがあるかな、という程度です。

Q.マウスピースをつけたまま飲み物を飲んでも構いませんか?

A.基本的に飲食時には外していただきます。
インビザラインのマウスピースは、原則として飲食時には取り外していただきます。飲み物の場合、噛むという動作をするわけではないので、そのままでもいい気がするかもしれませんが、糖分を含むものの場合、マウスピースの内部に糖分が停滞して虫歯のリスクがありますし、色のついた飲み物の場合、マウスピースのなかに色が残って見た目が悪くなります。

水の場合は特に問題ありませんが、基本的にその他のものは必ず外してからお願いします。

Q.妊娠中でも可能ですか?

A.可能ですが、できれば避けたほうがよいでしょう。
インビザラインの矯正は、他の矯正法に比べてストレスの少ない矯正法ですし、使用している材料も体に無害であるため、矯正そのものがリスクになることはありません。
しかし、妊娠中はつわりでお口にものを入れると気持ちが悪くなったり、食事回数が増えてマウスピースの装着時間が少なくなってしまったりなど、予期せぬ事態が起こりがちです。できれば出産をされてからの方が安心でしょう。

Q.もしマウスピースの装着をサボってしまったらどうなりますか?

A.装着期間をその分長めにしていただきます。
マウスピースの装着をサボってしまうと、歯が動かないだけでなく、歯が元の位置に戻ろうとしてしまいます。そのため、サボった時期のマウスピースをそれだけ長く装着していただくことになり、治療期間はそのぶん長引いてしまいます。どのくらい長く装着するかは状況によっても変わりますので、装着が不十分な場合にはまずご連絡ください。

Q.虫歯、歯周病があるんですが、インビザラインは可能ですか?

A.可能ですが、矯正治療の前に虫歯や歯周病の治療をする必要があります。
矯正治療はある程度期間のかかる治療法です。治療中に状態が悪化して痛みなどのトラブルを起こさないためにも、基本的には矯正治療前に虫歯や歯周病の治療をしっかりと行ってから矯正治療を開始していきます。

Q.インビザラインは通常の矯正よりも歯に優しいと聞きましたが、本当ですか?

A.はい、数々の面で歯に優しく矯正治療を行うことができます。
インビザラインのマウスピースは取り外しができますので、歯磨きもそれまで通り行うことができ、従来の矯正治療法と比べて虫歯や歯周病のリスクが高まりにくいです。また、歯を動かす際にも、歯になるべく負担をかけないような配慮がなされていますので、歯に余計なダメージがかかりません。そして、歯に直接装置がつくワイヤー矯正の場合、歯が並び終わって装置を外す際に、歯のエナメル質に細かいヒビが入ることが稀にありますが、マウスピースの場合にはそのようなことも起こりません。

Q.年齢制限はありますか?

A.いいえ、特にはありません。
特にインビザラインに代表されるような目立たない矯正が開発されてから、大人になってから矯正治療を始める方が増えています。何歳になっても矯正治療は可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

^


ホーム

診療予約

電話をかける