愛知県名古屋市の歯医者、吉岡歯科医院

フルマウス治療

なかなか治らない歯周病に

歯周病(歯槽膿漏)に着目
歯の病気といえば、虫歯と歯周病ですが、近年国をあげた健康増進の成果によって虫歯はかなり減ってきました。そこで、クローズアップされてきたのが、これまで虫歯の後ろに隠れていた歯周病(歯槽膿漏)です。

歯周病は歯を失う原因に!

歯周病の画像

歯を失う原因は、歯周病ということが明らかになっています。そしてその次に来るのが虫歯、歯の破折です。歯周病は歯を失うだけでも恐ろしい病気ですが、最近になって色々な全身の病気を引き起こしていることが明らかになってきました。

つまり、歯周病をしっかり予防・治療することで、体の健康をも維持できることがわかってきたのです。

歯周病はインプラントにも関係する?!

虫歯は1本単位でかかる、歯周病は複数単位でかかる

歯周病というのは、通常、虫歯のように1本単位でかかるというものではなく、複数単位や全体的にかかる、というパターンで起こることがほとんどです。そのため、歯周病で歯を失った人は、残っている他の歯も歯周病にかかっている可能性が高いと言えます。

周囲の歯周病を放置したままインプラントをするのは危険!

周囲の歯が歯周病にかかっている状態を放置したままインプラントを埋め込んでも、インプラント周囲に歯周病菌が感染してインプラント周囲炎を起こし、インプラントが早期に抜け落ちる危険性が高くなります。そのため、歯周病にかかっている場合には、まず歯周病を治療してからインプラント治療を行う必要性があります。

インプラント治療は歯周病の悪化を防ぐ

インプラント

歯を何本か失って、残っている歯に過剰な力がかかっている場合、歯周病がより進行しやすくなります。このようなケースでは、歯を失った部分にインプラント治療を行うことで、残っている歯にかかる負担を軽減することができるため、歯を歯周病の進行から救うことが可能になります。

また、重度の歯周病で残せない状態になっている場合には、グラグラで噛めない歯に変わってインプラントで機能再建することも可能です。ですが、しっかりと機能再建するためには、歯周病の感染源となる周囲の歯周病にかかっている歯をきちんと治療しておくことが大切です。

歯周病(歯槽膿漏)は治ります
歯周病は歳をとるとかかるもの、と思いこまれている節がありますが、それは間違いです。
現在では治療法が進歩しており、治療することで良い結果が得られるようになっています。

歯周病の治療はどのように行われる?

  1. 歯周病(歯槽膿漏)とは

    歯周病(歯槽膿漏)とは、歯自体の病気ではなく、歯を支えている周囲の骨が溶けていく病気です。骨を溶かす主な原因は歯周病菌です。
    歯槽膿漏は歯周病の古い呼び名であり、歯茎から膿が出てくる様子からこのような名前で呼ばれていましたが、現在では歯周病という呼び方に変わってきています。
  2. 歯周病治療の基本的な考え方

    歯周病治療の基本的な考え方は「歯の周囲を細菌の少ない環境に維持すること」です。そのためにはまず、自分自身でお口をきれいに掃除する技術を身につけることが大事です。
    しかし、どんなに上手に磨ける人でも磨き残しは必ず出てしまいます。その蓄積した磨き残しは、歯科医院で専用の機械で定期的に取り除きます。そしてその後はご自分でしっかりと衛生管理ができるように環境を整えます。

歯周病の炎症が落ち着いたらメインテナンス

スタッフによる治療

歯周病の炎症がきちんとコントロールできたら、メンテナンス(管理)の状態に入ります。メンテナンスをきちんと行うことによって、歯周病の進行は止めることができ、長期間にわたって不自由のない、快適な状態を維持することができるのです。

歯周病の治療の成功はメインテナンスにかかっている

歯周病の治療は清潔な状態をキープすることが一番大事
以上でご説明したように、歯周病(歯槽膿漏)の治療の本質は、決して高度な手術などではなく、地道に汚れを取り除き、清潔な状態を保ち続けられるか、ということにかかっています。そのためには、患者様がきちんと歯が磨けているかどうかをチェックし、きれいに磨けていない場合には磨き方を何度でも指導していきます。それができてないければ、歯医者でいくら治療をしようが、良くならないからです。

歯周病ってどんな病気

  1. 「ずっと通院してるけど、いつ終るの?」
  2. 「歯がグラグラのまま。本当に治るの?」
  3. 「そもそも治るって何?、私はどんな状態になるの?」

実際、多くの方患者様が、何を目指しているのかよく分らないまま歯科医院へ通院されています。ご自身の思い描いているゴールと、先生のゴールは一致しているでしょうか?ここでは歯周病の基本的な知識から、治療方針までご説明します。

手術室

1. 歯周病ってどんな病気?

歯を失う原因 No.1!

歯を失う原因

歯の病気で最も有名な病気と言えば「虫歯」ですよね。
でも、虫歯は歯を失う原因のNo.2。実は、歯周病がNo.1なのです。

歯を失う原因

歯周病は発症に年齢が関係しており、主に40代から進行します。
歯周病細菌が歯の周りで増殖して、歯肉や骨を溶かしその結果、骨の支えを失った歯が抜けてしまいます。

世界で最も多い感染症!

世界で最も多い感染症
歯周病は世界で最も患者数の多い感染症と言われており、2001年にはギネスブックにも登録されました。2020年にはWHO(世界保健機構)が、全人類の10%が歯周病に罹患していると報告しています。日本においては、高齢者の約8割の方が歯周病に罹患している言われており、もはや人類は歯周病細菌から逃れることは出来ません。

世界で最も多い感染症
平均寿命80歳を超える日本人が、生涯を快適なお口で生活するためには、歯周病と立ち向う意識的な行動が必要です。何もせず生活しているだけでは、歯周病を防ぐことは大変困難です。

歯周病は認知症や糖尿病の原因!

歯周病は認知症や糖尿病の原因!
歯周病はお口の問題にとどまらず、全身に悪影響を及す事が判っています。歯周病により生じる炎症性の物質や毒素・細菌そのものが、血管を通して全身に移動して悪さをしてしまうのです。

歯周病は認知症や糖尿病の原因!

下記の持病のある方は、歯周病の治療も積極的に行うことがとても大切です。是非お医者様とも相談されて下さい。

  1. 認知症
  2. 狭心症・心筋梗塞
  3. 脳梗塞
  4. 糖尿病
  5. 妊娠
  6. 誤嚥性肺炎
  7. 骨粗鬆症
  8. 関節炎
  9. 腎炎
  10. 肥満

歯周病予防は介護予防!

歯周病予防は介護予防
日本人の健康寿命(介護を必要としない自立可能な寿命)と生命寿命の間には、約10年の開きがあり、長すぎる介護期間が様々な問題を引き起こしてきました。膨れ上がる介護医療費により現在の保険医療制度は2025年に破綻すると言われており、いかに健康寿命を引き延ばすかが、日本の医療行政の課題でした。
そこに近年「歯科で定期健診を受けて適切に歯周病と歯の治療をコントロールしている人は、著しく健康寿命が延伸している」ことが明らかとなりました。
一般的に、高齢者の疾患・衰弱は、一度始ると坂を転げ落ちるように悪化し、そのまま介護状態に突入することがほとんどですが、歯科治療を適切に受けている高齢者は、坂を転げ落ちることなく、その場で踏ん張ったり、なんと坂を登って回復できているという事実が判明したのです。

歯周病予防は介護予防
厚生労働省はこの事実を大変評価しており、2018年より、国策として、医師に対し管理の悪い患者さんを積極的に歯医者さんに紹介するよう要請し、国の制度も改めました。歯科においてもそのような患者様を積極的に受入れるよう要請されています。

歯周病予防は介護予防

10年前までは、「歯周病が全身疾患に影響する」と言う話は、あたかも「歯科業界が医療業界内での自らの立場を高めようと大げさに言っている」と思われがちでしたが、現在は全く状況が異なります。2020年現在では、国やお医者様から「全身のために、早く歯周病をどうにかして!治療して噛めるようにしてあげて!」と、求められるようになってきました。

お体のためにも、ぜひ歯周病を治しましょう!

いかがでしたか?歯周病はあまり痛みを伴わないので、ついつい軽視されがちですが、実は意外と大変な病気ですし、ほとんどの成人の方に関わる問題なんですね。
次は、歯周病の具体的な仕組みを見てみましょう!

Instagram