愛知県名古屋市の歯医者、吉岡歯科医院

フルマウス治療

なかなか治らない歯周病に

歯周病(歯槽膿漏)に着目
歯の病気といえば、虫歯と歯周病ですが、近年国をあげた健康増進の成果によって虫歯はかなり減ってきました。そこで、クローズアップされてきたのが、これまで虫歯の後ろに隠れていた歯周病(歯槽膿漏)です。

歯周病は歯を失う原因に!

歯周病の画像

歯を失う原因は、歯周病ということが明らかになっています。そしてその次に来るのが虫歯、歯の破折です。歯周病は歯を失うだけでも恐ろしい病気ですが、最近になって色々な全身の病気を引き起こしていることが明らかになってきました。

つまり、歯周病をしっかり予防・治療することで、体の健康をも維持できることがわかってきたのです。

歯周病はインプラントにも関係する?!

虫歯は1本単位でかかる、歯周病は複数単位でかかる

歯周病というのは、通常、虫歯のように1本単位でかかるというものではなく、複数単位や全体的にかかる、というパターンで起こることがほとんどです。そのため、歯周病で歯を失った人は、残っている他の歯も歯周病にかかっている可能性が高いと言えます。

周囲の歯周病を放置したままインプラントをするのは危険!

周囲の歯が歯周病にかかっている状態を放置したままインプラントを埋め込んでも、インプラント周囲に歯周病菌が感染してインプラント周囲炎を起こし、インプラントが早期に抜け落ちる危険性が高くなります。そのため、歯周病にかかっている場合には、まず歯周病を治療してからインプラント治療を行う必要性があります。

インプラント治療は歯周病の悪化を防ぐ

インプラント

歯を何本か失って、残っている歯に過剰な力がかかっている場合、歯周病がより進行しやすくなります。このようなケースでは、歯を失った部分にインプラント治療を行うことで、残っている歯にかかる負担を軽減することができるため、歯を歯周病の進行から救うことが可能になります。

また、重度の歯周病で残せない状態になっている場合には、グラグラで噛めない歯に変わってインプラントで機能再建することも可能です。ですが、しっかりと機能再建するためには、歯周病の感染源となる周囲の歯周病にかかっている歯をきちんと治療しておくことが大切です。

歯周病(歯槽膿漏)は治ります
歯周病は歳をとるとかかるもの、と思いこまれている節がありますが、それは間違いです。
現在では治療法が進歩しており、治療することで良い結果が得られるようになっています。

歯周病の治療はどのように行われる?

  1. 歯周病(歯槽膿漏)とは

    歯周病(歯槽膿漏)とは、歯自体の病気ではなく、歯を支えている周囲の骨が溶けていく病気です。骨を溶かす主な原因は歯周病菌です。
    歯槽膿漏は歯周病の古い呼び名であり、歯茎から膿が出てくる様子からこのような名前で呼ばれていましたが、現在では歯周病という呼び方に変わってきています。
  2. 歯周病治療の基本的な考え方

    歯周病治療の基本的な考え方は「歯の周囲を細菌の少ない環境に維持すること」です。そのためにはまず、自分自身でお口をきれいに掃除する技術を身につけることが大事です。
    しかし、どんなに上手に磨ける人でも磨き残しは必ず出てしまいます。その蓄積した磨き残しは、歯科医院で専用の機械で定期的に取り除きます。そしてその後はご自分でしっかりと衛生管理ができるように環境を整えます。

歯周病の炎症が落ち着いたらメインテナンス

スタッフによる治療

歯周病の炎症がきちんとコントロールできたら、メンテナンス(管理)の状態に入ります。メンテナンスをきちんと行うことによって、歯周病の進行は止めることができ、長期間にわたって不自由のない、快適な状態を維持することができるのです。

歯周病の治療の成功はメインテナンスにかかっている

歯周病の治療は清潔な状態をキープすることが一番大事
以上でご説明したように、歯周病(歯槽膿漏)の治療の本質は、決して高度な手術などではなく、地道に汚れを取り除き、清潔な状態を保ち続けられるか、ということにかかっています。そのためには、患者様がきちんと歯が磨けているかどうかをチェックし、きれいに磨けていない場合には磨き方を何度でも指導していきます。それができてないければ、歯医者でいくら治療をしようが、良くならないからです。

^


ホーム

診療予約

電話をかける