愛知県名古屋市でインプラント治療なら専門医在籍の吉岡歯科医院へ

無剥離無切開インプラントとは?

最小限のダメージと
最短のスピードで
手術をより快適に

ここでは、インプラントCTとコンピュータインプラントシュミレーション、光造形のテクノロジーによって達成された、世界最新のインプラント手術技術である『無剥離無切開 インプラント』をご紹介します。

この治療システムは最近話題の新技術、低被爆のコーンビームCT、インプラント埋入シミュレーションソフトであるノーベルガイド、シンプラントで作成されるサージガイドによって達成される治療方法です。吉岡歯科医院ではこれらのノーベルガイドとシンプラントプロを保有しており、ノーベルガイドリプレイス外科キット、ノーベルガイブローネマルク外科キット、3iシンプラントナビゲーションキットを保有しています。これらの無切開手術システムと手術当日に歯が入るAll-on-4コンセプトを組み合わせることにより、従来の手術方法よりずっと少ない痛みや腫れで、なおかつたった一日で動かない咬める義歯を手に入れることができます。

しかしながら無剥離無切開インプラントは、けっして簡単な安易な治療法ではなく、従来のインプラント技術全てに十分な経験を持った歯科医師とCTとノーベルガイドやシンプラントのインプラント埋入ソフト、インプラント技工に精通した歯科技工士、手術室や滅菌システムなど高度な手術システムの全てを保有した歯科医院のみに許される、最新のインプラント手術システムです。


無剥離無切開インプラントとは?

無剥離・無切開インプラントは、従来のインプラント手術とは違う、新しいインプラント手術方法の一つです。

「無剥離・無切開」とは、従来のインプラント手術では通常必要となる、『粘膜や軟組織をメスで切開して骨から剥離する』という手順を省いた手術方法です。しかしこの手術法はCTとコンピュータシュミレーションシステムによって設計製作されたサージカルガイドによって行われなければ非常に危険な手術ということになります。外科手術の基本は術野を大きく開き、しっかりと見ながら治療することがです。切開や剥離が少ないと手術する場所の形態を正確に把握することができないからです。医科においても手術後のダメージが少ない内視鏡手術が最近よく行われるようになりましたが、内視鏡手術で手術を行っている最中でも難しい手術と判断した瞬間、開腹手術に切り替えます。安全を確保する為です。インプラントは骨という硬組織が手術対象で、レントゲン造影性があるのでこのような手術が可能なのです。


無剥離・無切開インプラントのメリット

無剥離・無切開インプラントには、従来のインプラント治療方法に比べ、大きなメリットがあります。この章ではそのメリットを簡単にご紹介します。

必要最低限の侵襲

周囲の組織を最低限しか切開しないので、患者様のお体への負担を最低限に減らす事ができます。

飛躍的に短縮された治療期間

周囲の組織をほとんど傷つけませんので、周囲の組織の治癒を待つ必要がなく、治療期間が飛躍的に短縮できます。

術者のミス防止

フリーハンドでなく、サージカルガイドと呼ばれるガイドに沿ってインプラントを埋めるため、より治療計画に沿った手術が可能です。

すぐに噛める

従来のインプラント治療では、インプラント埋入から早くても下顎でだいたい3ヶ月、上顎では6ヶ月ほどの治癒期間を必要としますが、無剥離・無切開インプラント治療では、手術が完了したその日から食事をとって

メリットその1 必要最低限の侵襲

インプラント治療は、インプラントを骨に埋め込みますので、歯肉を切開し、骨から剥離する必要があります。

これは、インプラント治療に限った話ではありません。外科治療は明視野で行う事が大原則であり、内視鏡手術などは、例外的な治療といえます。

ですので、外科手術を施す場合は術野、つまりインプラント手術で言う、インプラントを埋めたい部位の骨を露出させる必要があるのです。

ですが、粘膜や軟組織を切開剥離する事は、術野を明視できるというメリットの反面で、患者様のお体により多くのリスクを負わせてしまうというデメリットがあります。

多くのデメリットとは、簡単に以下のようなものがあります。

  1. 長い手術時間
  2. 患者様の体力消耗
  3. 麻酔管理の難しさ
  4. 感染の危険性
  5. 術者のミスの危険性

無剥離無切開インプラントでは、「歯肉パンチ」とよばれる機械を用いて、インプラントを埋める部分だけの歯肉に穴を開けます。これにより、インプラントを埋め込む穴だけがポッカリ空き、他の粘膜や軟組織には一切傷をつけません。

現在、医療ではMI(ミニマルインターベンション・最低限の侵襲)が盛んに叫ばれています。これは、「患者様の最低限の負担でもって、最高の結果を得ることで、患者様の健康な組織を可及的に保存しよう」という考え方です。

無剥離無切開インプラントとは、MIの流れに沿った、患者様の負担を最低限に抑えるための、最新のインプラント埋入技術なのです。

メリットその2 飛躍的に短縮された治療期間

これまで、インプラント治療の最大の難点の一つは、その治療期間の長さにありました。インプラント治療を望まれる患者様の多くは、例え高齢の方であっても、社会的に現役として、積極的に活躍されてみえる方々です。

そのような患者様にとって時間はとても貴重な財産であるため、 インプラント治療を望まれてみえるにも関わらず、 時間のかかるインプラント治療にはなかなか踏み切れなかった方が多くいらっしゃいました。

無剥離・無切開インプラントでは、従来のインプラント治療とは比べ物にならないほどの治療期間の短縮が期待できます。これまで治療期間が長い為にインプラント治療を選択されてこなかった患者様には、とても大きなメリットとなるでしょう。

では、なぜ治療期間が短縮できたのでしょう。従来のインプラント治療とは何が違うのでしょうか?その違いを理解するためには、従来のインプラント治療法を理解した上で、比較する必要があります。

下の図は従来のインプラント術式と無剥離無切開インプラントの術式を比較した図です。

従来のインプラント術式

無剥離無切開インプラント術式

治療計画

外科術式

抜糸

治癒期間

アバットメントの連結

プロビジョナルの装着

軟組織のコントロール

印象採得

補綴物の試適

最終補綴物の装着

治療計画

外科術式

最終補綴物の装着

赤で示した行程は、無剥離無切開インプラントを選択することで、従来のインプラント治療行程から省かれる行程です。ご覧のように、とても多くの行程が省かれる事になります。これは、治療期間の短縮に直結します。

具体的な例をお示しします。

例えば、本日インプラント治療を始める事を決意された患者様がおられたとします。もし、従来のインプラント治療を選択された場合、治療期間は下顎でだいたい3ヶ月、上顎では6ヶ月は掛かります。骨が少なく骨造成が必要な場合にはさらに、6ヶ月余分にかかります。その治療期間の間、患者様は上記の各項目毎に来院される必要があるので、それもまた大きなストレスです。

一方で、この患者様が無剥離無切開インプラントを選択された場合、もちろん症状にもよりますが、早くて2週間で治療完了できます。当然、来院回数も格段に少なくなります。これは驚くべき事実です。

メリットその3 術者のミス防止

無剥離無切開インプラントでは、サージカルガイドという物を用います。

従来のインプラント治療は、CTとインプラントシミュレーションにより、術前の予知性が大幅に向上し、患者様はもちろんのこと、術者としても、より安全な治療ができる様になりました。

しかし、例え10分の1ミリ以下の精密なインプラント埋入シミュレーションを設計しても、実際の手術でそのシミュレーション通りに手術するのは非常に難しいのです。我々術者も人間ですので、100%マシーンのように完璧に再現する事は残念ながら不可能で、少々の『ズレ』は起きます。そういった、術者の『ズレ』を防止し、インプラント埋入シミュレーションを現実のインプラント手術へと、より確実に還元してくれる物が、サージカルガイドです。

 

サージカルガイドを簡単に例えると、鉛筆削りの前にある『穴の付いた板』です。
鉛筆削りは、あの『穴の付いた板』により、鉛筆を入れる方向と位置が一カ所に固定され、他のどのような方向でもっても削る事は不可能です。

 

サージカルガイドもこの『穴の付いた板』と同じです。患者様それぞれのインプラント埋入シミュレーションを行うと同時に、患者様それぞれに適合する『穴の付いた板』を設計、フルオーダーメイドします。そして、手術時にその『穴の付いた板』を用いてインプラントを埋入する事で、シミュレーションにより近いインプラント手術が行えるのです。

 

この『穴の付いた板』すなわちサージカルガイドにより、初めて精密なインプラント埋入シミュレーションが本当の意味で生かされ、患者様にとっても、術者にとっても、より安心安全なインプラント治療が可能となるのです。

 

また、無剥離無切開インプラントのメリットその2『飛躍的に短縮された治療期間』でもお話ししましたように、無剥離無切開インプラントでは、従来のインプラント治療行程よりも、よりシンプルなものになります。これは、単に治療期間を短縮させるだけでなく、術者のミス防止にも大きく貢献します。

昨今、医療従事者による医療ミスが大きな問題となっています。全国でも有名なインプラント専門医がインプラント治療に失敗し、訴訟問題となっているケースも急増化しています。そして、そのミスにより被害を受けるのは、当然患者様です。我々医療人には、患者様の安全を確保する対策を講じる事が緊急に求められています。

そこで何よりも大切となってくる事は、ミスを犯してしまう医療人を罰したり教育することだけではありません。我々術者も人間です。マシーンではありません。それゆえに、どれだけ刑罰を重くしようとも、どれだけ勉強、経験を積み重ねても、常にミスを犯すリスクを抱えています。本当に最も大切なことは、そもそもミスを犯せないような環境を作る事です。これは「フェイルセーフ」と呼ばれる概念で、医療業界ではもはや常識です。

我々医療人は、ミスを犯す事は当然罪ですが、それ以上にミスを犯す可能性のある環境を野放しにしてしまう事が罪なのです。

無剥離無切開インプラントのメリットその1『必要最低限の侵襲』でお話ししました、MI(ミニマルインターベンション)の概念も、このフェイルセーフに大きく貢献します。MIとは、患者様の負担を軽減するだけでなく、降り掛かるであろうリスクを積極的に防止する役割も果たしているのです。

無剥離無切開インプラントの治療の流れ

無剥離無切開インプラントの治療の流れを簡単にご説明いたします。

診察・インプラント治療方針立案

1 診察

患者様と直接お会いし、患者様のお悩み、ご希望、ご相談をお受けします。CT撮影などを行い、得られたデータをもとに、無剥離・無切開インプラントを選択するかどうかを患者様にご提案いたします。

2 CT撮影

院内の低被曝CTにて撮影して頂けます。

患者様はここでお帰りいただけます。次は早くて約1週間後に再度ご来院いただき、手術となります。

3 インプラント埋入シミュレーション

吉岡歯科医院では、プロセラ、Simplantなど、複数のインプラント埋入シミュレーション環境が整っております。それぞれの患者様に最適なシステムを選択し、治療計画の立案、インプラントシミュレーションを行います。

4 サージカルガイドの設計・発注

インプラント埋入シミュレーションに基づき、サージカルガイドを設計し、それぞれの患者様専用のサージカルガイドをフルオーダーメイドで発注します。

無剥離無切開インプラント手術

5 サイージカルガイドの装着

以降、患者様には再度ご来院頂き、手術となります。

患者様の口腔内にサージカルガイドを装着します。

6 サージカルガイドに沿ったドリリング

サージカルガイドが装着されている事により、術者の不意なドリリングミスを防げるだけでなく、手術時間の短縮にも繋がります。

7 歯肉パンチ

ドリリングのために最低限歯肉に開けた傷穴を、きれいに整えます。

8 インプラント埋入

インプラント体を埋入します。

義歯の装着

9 最終補綴物の装着

その日のうちに食事して頂ける、最終的な義歯を装着します

10 完了、術後説明

最後に、今後のメインテナンス方法や家庭でのインプラントの扱い方についてご説明します。以上で治療完了となります。