愛知県名古屋市でインプラント治療なら専門医在籍の吉岡歯科医院へ

失敗したインプラントのリカバー

吉岡歯科医院には他の医院でインプラント治療を失敗された患者様がやりなおしを希望して大勢いらっしゃいます。吉岡歯科医院では、その状態と原因を探り、リカバーします。その為にありとあらゆる機材、材料、設備、スタッフ、を常備しています。

インプラント治療で起きうるトラブル

インプラントが登場して約70年。インプラント治療の成熟に伴い、インプラント治療で生じるトラブルも一通りパターンがわかるようになってきました。インプラント治療にまつわる問題は、治療中、特にインプラント手術と治療後に分けて考えるとより分かりやすいでしょう。インプラント治療に関連したトラブルについては厚生労働省の作業班からもレポートが出ており、下記のようにまとめられています。

代表的なトラブルは治療期間の中でもとくに周術期(手術周辺)で起きているようです。骨造成手術やインプラント埋入手術(一次手術)などの外科が中心となる領域では特に注意が必要であることがわかります。インプラント治療は従来の歯科治療とは違うと本サイトでも幾度となく書いてきましたが、その違いの主たる物はやはり手術です。従来の歯科治療の延長でインプラントを気軽に捉えてしまうと、手術の周辺でトラブルに見舞われてしまう可能性があります。これまでお世話になった近所の先生がどれほど素晴らしい方であっても、いざインプラント治療を受けるとなったら、それはまた別次元で考え直す必要があります。

一般的に最も多いトラブルは「インプラント周囲炎」と呼ばれる、インプラント周囲の骨や粘膜などの感染症です。その次に、インプラントの上部構造の破損などの機械的な問題です。

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎とは、インプラント周囲のご自身の体である粘膜や骨に持続的な炎症が起き、何らかの不快症状につながった状態の総称です。軽度な物であれば、少し粘膜が腫れているだけで、しっかりと歯磨きをしてあげればすぐに治まります。これをインプラント周囲粘膜炎と呼びます。一方、重度なものであれば、顎の骨が溶けてしまい、インプラントを撤去しなければならなくなることもあります。

インプラント周囲炎は定期検診を受診されている方とそうでない方ではその発症率に違いがあると言われています。インプラント周囲炎を発症する前に、ご自身のセルフケアの徹底と、定期検診を継続する必要があります。

インプラント上部構造の破損

上部構造は物であり道具ですので「いつかは破損するかもしれない」とお考えいただくことが重要です。世の中には未だ「インプラントは一生持つ」という誤った考えが存在しますが、やはり現実的とは言えません。世の中に壊れない物はありません。大企業が作る自動車もタイヤがすり減りますし、フライパンも表面コートが剥がれます。道具であり、毎日使う物は必ず劣化が伴います。毎日食事をし、自分の体重と同じくらいの荷重をかけて噛んでいるお口ですので、何らかの劣化が伴うと考える方が賢明でしょう。

多くのトラブルの本質は、「破損した事実」でトラブルになるのではなくて、「破損時の対応がスムーズにいかないことによる人間関係」についてのトラブルとなります。一生無償で治してもらえると思い込んでいる患者様も問題ですし、お金を頂いたとしても治す技術がない歯科医師も問題です。車のタイヤ交換のように、劣化と修理の循環が当たり前という前提が双方に必要です。それらがスムーズに行われれば問題ではありません。

行き過ぎた「保証」の甘言に注意


「保証してくれるって聞いていたのに、治療できないなんて聞いてない!じゃあ保証って何だったの?」

近年急激に増えているトラブルパターンです。

インプラント治療について、巷の歯科医院では多くの歯科医院が「保証」をうたっています。その一方で、大学病院や総合病院で保証を設けている施設はほとんどありません。なぜこのような差があるのでしょうか?大学病院よりも、街中の歯医者さんの方が品質が良いと理解して良いのでしょうか?

実は、「医療の保証」は法的には不適切と取れる節があります。

医療契約に結果責任はない

そもそも、医療契約は「準委任契約」と呼ばれ、医療者は「善管注意義務」と呼ばれる努力義務は追うものの、結果責任を負う契約形態ではありません。

  • 例えば、風邪で医者にかかり、もらった風邪薬3日分で風邪が治らなかったからといって、そのお医者さんに返金や残りの治療補償を求める患者さんはいるでしょうか?
  • 例えば、癌の手術を行った後に再発した場合、当時のお医者さんに返金やその後の治療補償を求める患者さんはいるでしょうか?
  • 例えば、高額な自由診療の抗がん剤を使っても癌が治らない場合、お医者さんに返金やその後の治療補償を求める患者さんはいるでしょうか?

これら保証がないことは「常識的に」理解できます。

そもそも医療に保証は存在しませんでした。 医療は常に限界があります。まだ未知なことも多い世界です。患者様の体はこの世に1つで自動車や家電製品のように交換はできません。結果を約束できる医者はどこにもいません。

医者は結果を約束できない。だから患者様にはどんな治療であれ覚悟がいるはずだったのです。

できない約束をしている

ところが、歯科業界では法律に不勉強な歯科医師が多いことや、昨今の歯科医院過多による過当競争の影響もあり、何の根拠もない「インプラントの保証」なるものが現れ、近年「常識化」しつつあります。

インプラントの生存率は10年予後で約90%と言われていますので、「10年保証」を行う医療機関は10年後残りの10%の患者さんを必ず救う約束をしていることになります。しかしながら、インプラント治療で最も多いトラブルであるインプラント周囲炎はまだ明確な治療方法が存在しません。新品のインプラントは購入できますが、失われた顎の骨は一生再生しません。その先生は、学会も知らない特別で確実な治療法を持っているのでしょうか?もちろんそのような魔法はありません。

患者様にとって甘い誘惑

ところが、何も知らない患者様にとっては「保証」はとても安心するキーワードです。戦後70年、現日本法が生まれて以来どんな名医も約束してくれなかったことを約束する歯科医院の登場は当然患者様から支持されますし、保証につられて契約してしまう患者様が後を絶ちません。

インターネット上の誤った情報もこの歪んだ状況を加速させました。「保証の有無をちゃんと見よ」と患者様を誘う情報サイトも多々あります。

もはや常識的に考えてもおかしい

仮に保証をしたとしても、歯科業界以外で5年や10年も保証するような業界はあるでしょうか?家電製品もメーカー保証が1年、小売店のポイントカード保証で3年です。数千万円数億円する豪邸でも、瑕疵担保責任の期間は1〜3年です。歯科ではびこる5〜10年保証は明らかに不自然です。

零細企業である歯科医院の経営体力で、大企業もしないような保証システムが健全運用されていると、あなたは本当に信じられますか?

現実はどうなってるか?

それでは、法的コンプライアンスを重視して、保証を掲げない真面目な医療機関や大学病院では、本当に何もしてくれないのでしょうか?

現実的には大学や当院を含めて、無償〜格安で対応している場合がほとんどです。しかし「保証」という言葉を使うと、準委任契約の範疇を超えてしまうので、そのように患者様にお約束はできないのです。

「できる範囲で、良心の範囲で対応します。もしかしたらできないこともあるし、お金がかかることもあります。」この曖昧な事実は患者様を悩ませます。しかし、歯科医師は全て包み隠さず、現実を説明すべきでしょう。

保証を掲げようが掲げまいが、実際にリカバリーできることは限られています。

目を覚まして常識で考えましょう。

患者様におかれましてはぜひ常識で物事をお考えください。多くの「保証」は患者様の想像されるような「保証」ではありません。くれぐれもご注意ください。

他院のトラブルインプラントのリカバリー
〜治療後の早期脱落編〜

インプラント治療が終わって一安心。。かと思いきや、想像以上に早くトラブルが発生する場合があります。
ここれは他の医院で治療後に早期にトラブルとなり、当院でリカバリーを請け負ったケースの一部を紹介します。

骨がない場所に骨があると思い込んで手術したケース

来院の経緯 インプラントは大丈夫と言われたけど。。

この患者様は他府県から来院された患者様ですが、左上にインプラント手術を受けたが、半年でぐらぐらになったので再手術をしてもらったがまた半年でぐらぐらになってしまったとのことで当院を受診されました。このインプラント手術をおこなった先生は著名な先生で多くの経験を踏んだ大ベテランの先生です。大ベテランの先生曰く「手術は完璧で今回は蝶形骨にインプラントを固定した」とのことでした。CTを撮影してみるとインプラントは完全上顎洞に突き抜けていました。しかし上記のオルソパントモ写真を見る限りは手術は成功しているように見えます。この手術を行った先生は大ベテランではありますが術前のCTを撮影しておらず、一回目の手術が失敗した時も CTを撮影して確認することをせず、手術は完璧であると患者様には言い切られたそうです。私の倍の臨床経験のある大ベテランの大先生でも経験とカンに頼った手術ではこのようなミスを犯すことがあります。

リカバリー方法 骨造成とインプラントの埋め直し

通常のパノラマレントゲン写真で骨があるように見える症例でも、CTを撮影してその立体構造を確認すると骨が不十分であることは日常茶飯事であり、特別なことではありません。特に上顎臼歯部にインプラントを行う場合、骨が十分にないことの方が一般的です。これは、ちょうどインプラントを埋めたい場所に「上顎洞」と呼ばれるピンポン球程度の大きさの空間が存在するからです。十分な長さのインプラントを埋めようと思うと、上顎洞に突き抜けてしまうため、上顎洞の底に骨を造成するサイナスリフトと呼ばれる手術を行う必要があります。サイナスリフトの手術を終え、6〜12ヶ月ほど骨の成熟を待ち、その後に再度インプラントを埋入しなおしました。

得られる教訓 CTの要らないインプラント治療はない!

吉岡歯科医院では一見簡単そうなケースでも全症例の術前CTと手術直後に術後のCTを撮影し手術が計画通り適正に行われたかどうか確認します。現在、日本口腔インプラント学会のガイドラインではCTの撮影の重要性が説かれ、CTでの診断を大前提とした論調とはなっているものの「必須」とは明記されていません。そのため、CTを所有しない先生でもインプラントを行ってしまっている現実があります。しかし「インプラントをしても大丈夫かどうか知るためにCTを撮る」のであって「大丈夫だからCTを撮らずにインプラントをする」ということは根本的におかしな話です。診査診断が逆転してしまっています。必ずCTを撮りましょう。

オッセオインテグレーションしないインプラントを用いてインプラントが沈下して
下顎管を圧迫して麻痺が出たケース

来院の経緯 後から知覚異常が出てきた。。

患者様は5年ほど前に左下にインプラント治療を受けたが最近歯が動くようになって左下で噛むと左下の唇が痺れるとのことで来院されました。左下に埋入してあるインプラントはブレードタイプのインプラントでオッセオインテグレーションという骨とダイレクトに結合する、つまり、強固かつ長期的に安定した結合をするインプラントではありません。骨との結合は早期に破壊され、周囲の骨を破壊しインプラント自体が沈下をおこし、下歯槽神経を圧迫し口唇麻痺が出た訳です。このタイプのインプラントは価格が安く手術も簡単なので過去に多く用いられましたが、大半のケースが10年経つとインプラント周囲の骨が大きく吸収し、後から再インプラント治療もできないような悲惨な結果になります。

リカバリー方法 骨造成とインプラントの埋め直し

神経を侵し始めていいるインプラント周囲炎は、撤去しない限り症状が治まらないので、重症化する前に撤去します。神経はその損傷の程度によって回復する場合もあれば、後遺症として不快症状が永久に残存する場合があります。インプラントの撤去も周辺の骨の削除が必要となるので、簡単ではありませんが、患者様との相談の上、神経を守ることを優先し、インプラントの撤去を行いました。結果的に後遺症は残りませんでした。再度インプラントを埋めるには骨が足りなかったので、骨造成手術を行い、再度インプラントを埋入しました。

得られる教訓 メジャーなインプラントを使う!

インプラント製品の進化はめまぐるしく、日々より良い物が登場しています。かつては本症例のようなブレードタイプのインプラントが存在しましたが、現在ではほぼ消滅しています。安価なインプラントやマイナーなインプラントにはそれなりに訳がありますので、しっかりとしたメジャーな材料で治療を行った方が賢明です。

骨が少ないないのに通常の表面構造の短いインプラントを使用したケース

来院の経緯 骨造成したはずなのに。。。

上顎洞の骨移植について最近どんなケースでもソケットリフトで簡単に骨ができるような記載がありますが、実際はそんなに簡単ではありません。ソケットリフトが90パーセント以上で成功する為には残存骨の厚みが5ミリ以上必要です。これは多くの文献で証明されている筈ですが、サイナスリフトの手術が難しいので多くの歯科医師は本来はサイナスリフトを行って6ヶ月後に骨が安定してからインプラントを埋入するという基本原則を無視しています。この患者様は当院来院時に左上のインプラントが自然脱離して来院されましたが、結果として残存しているインプラントも次々と脱落してしまいました。

リカバリー方法 しっかりとサイナスリフトを行う

サイナスリフトをやりなおして18ミリの長いインプラントを4本埋めることになりました。手術された先生は自信満々だったそうですが、全てのケースが簡単なソケットリフトで良好な結果が得られる訳ではありません。難しい手術も当たり前にできないとこのような事態に対処することが不可能です。インプラント手術で簡単だと言い切れるケースはありません。

得られる教訓 「ソケットリフト」は簡単ではない!

現在でも多くの歯科医師が「ソケットリフトの方が簡単そうだから」という理由で、基本のサイナスリフトを習得せずにソケットリフトを学び、実施しています。サイナスリフトは切開剥離の範囲が大きいため一見難しそうに感じられますし、事実簡単な処置ではありません。しかし、手術部位が全く見えないソケットリフトもまたとても難しく、サイナスリフト以上に不確実性をはらんだ治療方法です。一部ではソケットリフトがまるで「優しく簡単な治療法」として広告されているようですが、これには注意が必要です。

一度くっついても、また外れるインプラントがある?

もともとインプラントは100%骨と結合する訳ではありませんでした。インプラントのスタンダードといわれるノーベルバイオケア社のブローネマルクインプラントも2000年にタイユナイト表面を得るまでは、タイプ4の骨質の悪い骨に対しては65%しかオッセオインテグレーシイョンを起こすことができませんでした。日本人の上顎大臼歯部はほとんどがタイプ4の悪い骨質ですので骨量があっても3割は骨とくっつかなかった訳です。現在販売されているほとんどのインプラントはラフサーフェースといって磨りガラスのようなザラザラした表面を持っていて通常の骨であればほとんどがオッセオインテグレーションをおこし、骨と強固に結合します。

インプラント手術の失敗の多くはドクターの経験不足です。簡単な手術かどうかはCTを撮影しないと分かりませんし、複雑な手術には手術室を始め、多くの器具、複数のドクターなど大掛かりな治療システムが必要なのです。天才外科医ブラックジャックでも大病院の機材とスタッフの協力を得て難しい手術を達成している訳です。一回や二回講習会に行ったくらいで、通常の歯科治療の片手間にできるほどインプラント治療は甘くありません。莫大な設備コストと勉強、熟練した優秀なスタッフと数多くのインプラント手術の経験があってはじめて完璧な手術が 可能になります。心臓外科手術と同様に考えてみて下さい。

トラブルの無い医院探しは無意味。
トラブル対応を堂々としている医院へ。

当院でもトラブルは「ある」どの医院でも「ある」

世界中どこでもインプラントトラブルがあるように、残念ながら当院でもインプラントトラブルはわずかではありますが存在します。

インプラントを埋入し、十分な治癒期間をおいたにもかかわらずインテグレーションが得られなかったケースもあります。治療終了に至ったものの、早期にインプラントが脱落したケースもあります。インプラント周囲炎を起こしているケースもあります。上部構造が劣化し、修理しているケースもあります。

残念ながら、これらの現象はある程度の確率で生じますのでゼロにはなりません。世界中の大学病院の教授が執刀しても同様です。ゼロという先生は経験が少ないか、嘘をついているか、トラブルとなった患者様がその先生を信用できず、早々に他院へ転院されているかです。

吉岡歯科医院では終了したインプラント治療の経過を定期健診時にチェックしていますが、治療後10年以上経過したケースのインプラント残存率は98パーセントです。厚生労働省が引用しているインプラントの生存率は10年後で90%程度ですので、その結果と比較すると非常に良好な結果だと考えています。

インプラントトラブルと向き合う時代へ

かつて、歯科業界においてインプラントトラブルを公開しない体質が長くあったように思います。「自分は絶対失敗しません!」と広告する先生が沢山みえました。しかし、現実には大学教授の行うインプラント治療でもある程度の確率でトラブルが生じるわけで、「絶対安心安全」などはなから存在していませんでした。吉岡歯科医院ではかねてより大学病院や総合病院と連携する中で地域から集まるインプラントトラブル症例を多く診る機会があり、そのような誤った情報を信じた患者様と歯科医師の誤解を解く日々を過ごしてきました。現在も当院のセミナーで外部の若手の歯科医師を教育していますが、「インプラントの生存率は?」と聞くと、学会の示す基準以上に高い値を答えます。誤った広告に、国民だけでなく不勉強な歯科医師まで影響されているのです。

近年、業界内ではそのような「自信過剰・過剰広告」を自主的に見直そうという動きがあり、大きな勉強会なども発足しました。自らの抱えるインプラントトラブルケースを隠すのではなく、情報をオープンにして解決方法や再発防止策をディスカッションし、日本国民や世界のインプラント事情の改善に寄与しようという流れが生まれています。これは素晴らしいことです。

インプラントトラブルは想定外で、起きてから慌てふためくという時代から、インプラントトラブルは想定内で、既知のパターンの一つとして粛々と対応する時代へと変わりつつあります。


トラブルかな?と思ったら

施術した医院を早めに受診する

まずは施術医を受診することが大切です。インプラントの不調は早めに訴え、対処をお願いしてください。遠慮して長期に放置すると、事態が悪化することがあります。場合によってはその医院では対処できないこともあります。その場合は高次医療機関へ紹介してもらいましょう。

自身・家族・友人の素人判断・決めつけ・思い込み・感情論を避ける

インプラントの不調を感じた後に医療機関を受診せず、ご自身や身近な人々の判断でいろいろとされる方が見えます。これは絶対に避けてください。リカバリーができなくなる場合があります。また、誤った情報で仮説を立てて、信じ込んでしまう方が沢山います。「自分はインプラント周囲炎に違いない」「手術をしたときのあの処置が悪かったに違いない」客観的な根拠の伴わない思い込み、決めつけは、患者様自身を感情的に疲弊させ、合理的な解決を著しく妨げます。いろいろな考えが頭を駆け巡る前に、まずは医療機関を受診し、客観的事実にのみフォーカスしましょう。

施術医を離れる場合は、紹介状をもらう

紹介状には、インプラント治療の経緯の詳細を記載していただきましょう。特に、使用したインプラントの種類は重要な情報です。使っているインプラントの情報が無いと、その後の対処が困難となります。

リスクやお金の負担を正しく受け止める

お金がかかることを覚悟する必要があります。一般的にインプラントのリカバリーは通常のインプラント治療よりも専門的なスキルが必要ですし、治療時間やリスクが伴います。すなわち、通常のインプラント治療以上にお金がかかっても不自然ではありません。

後遺症を正しく受け止める

失われた骨は戻りません。これはインプラントに限らず、歯周病や抜歯でも同様ですので、特別なことではありません。しかし、自由診療で高い診療費を支払ったという事実が、患者さんの理性的な納得を妨げます。インプラントも、入れ歯も、虫歯治療も、全ての治療において、体を治療以前の状態に戻すことはできません。なんらかの変化を伴います。そしてそれらは往々にしてそれほど絶望的なことでもありません。悲観的になりすぎないようにしましょう。