愛知県名古屋市でインプラント治療なら専門医在籍の吉岡歯科医院へ

CADCAM設備

当院の最新のデジタルソリューションをご紹介いたします


CADCAMとは?

CADCAMとは、CAD(Computer Aided Design:コンピュータ支援設計)とCAM(Computer Aided Manufacturing:コンピュータ支援製造)の略称です。古来より現在に至るまで、我々人類は、何か物を制作する場面において、設計図を紙で書いたり、粘土や蝋でモックアップを作るなどして、制作の設計を行ってきました。そして、その設計を元に、実際の原材料を加工して最終制作物を作ってきました。CAD/CAMはそのような従来のアナログな手法をコンピュータで支援し、より効率化を図ったシステム全般のコンセプト名です。かねてより建築業界や大型製造業などの大企業で進んできた分野でしたが、近年では医療業界でも応用が試みられています。

特に歯科医療ではクラウンなどの人工物を制作する頻度が高く、かねてよりCADCAMの応用が期待されていました。従来の歯科治療において、クラウンを制作する場合は蝋(ワックス)によりクラウンのモックアップを作る必要がありました。さらにそれを型に入れ、金属やセラミックを熱で溶かして流し込む「鋳造」という作業などが用いられており、現在も主流な制作方法です。これらの手法は熟練した歯科技工士の技術が求められ、かつ時間のかかる物ですし、ちょっとした試行錯誤や修正にも莫大な時間と労力がかかります。また、アナログな作業なので、どうしてもヒューマンエラーや品質のばらつきが生じてしまいます。

CADCAMの導入により、これらの煩雑かつテクニックセンシティブな作業は著しく効率化されました。ワックスアップは3次元空間で行われ、鋳造ではなく金属やセラミックのぶブロックから削り出す手法を用いることができるようになりました。


吉岡歯科医院のCAD設備

インプラント手術設計とサージカルガイド製作

当院では現在インプラント手術津を行うすべての患者様に対し、コンピュータ上で手術のシミュレーションを行います。当院では世界的にメジャーなシミュレーションソフトウェアを3社所有しており、それぞれ一長一短な特徴を把握し、使い分けています。

Dentsply Simplant

インプラントシミュレーションの先駆けとなった最も歴史あるソフトウェアです。現在はデンツプライという歯科最大大手のメーカーの傘下となりましたが、元々は待てリアライズというヨーロッパの零細企業の製品でした。昔はこのソフトウェアしかなかったため、インプラント治療の歴史のある大学病院や病院歯科ではどこもこのソフトウェアを導入しており、そのシェアは現在も高いようです。当院で箱のソフトウェアを開業医では日本でもいち早く導入した実績があり現在では3ライセンス所有し、当院の主力となっています。

NobelBiocare NobelClinician

ノーベルバイオケア社の販売するシミュレーションソフトウェアです。オールオン4を行う際に、インプラントの位置を事前に決めることで、即時に装着する上部構造の調整を簡素化することを主目的に誕生したソフトウェアです。とくに、サージカルガイドを顎骨にネジで固定するという発想は革新的でした。現在ではより少数の歯の欠損でもガイドが有効であることから、その用途はほかのソフトウェアとほぼ同等となっています。

Straumann CoDiagnostiX

現在インプラント最大大手のStraumannのインプラントシミュレーションソフトウェアです。元々DentalWingという歯科CADCAMソフトメーカーの製品でしたが、企業買収により現在ではStraumannの傘下となっています。これらソフトウェアの中でも唯一このソフトウェアだけが、設計したサージカルガイドをSTLという汎用形式で出力可能なので、当院ではSimplantで設計した後にさらにサージカルガイド制作のためにこのソフトウェアでも再設計しています。

インプラント補綴・クラウン設計のための模型スキャナ・口腔内スキャナ

当院では現在インプラント手術津を行うすべての患者様に対し、コンピュータ上で手術のシミュレーションを行います。当院では世界的にメジャーなシミュレーションソフトウェアを3社所有しており、それぞれ一長一短な特徴を把握し、使い分けています。

CEREC Blue Cam

口腔内スキャナが世界に爆発的に広がる礎を築いた貴重な一台です。歯科業界のCADCAM一般化はこのマシンから始まったと言われています。発売当時から時間も経過し、今では様々な点において煩雑さが目立ちますが、得られる画像精度は2018年現在でも最高クラスです。

CEREC inEos X5

セレックの最新の口腔外模型スキャナです。口腔内スキャナは現在印象精度が向上したものの、それは理想的にスキャンできた場合に限られ、やはり従来通りの模型が必要なケースが多々あります。これらは本来技工所が所有するような製品ですが、当院では制作物の品質にこだわるため自院で所有しています。

3Shape d900L

3Shape社は現在世界の歯科のCADCAM業界において最大大手の会社です。各社がデジタルフォーマットを自社の独自規格とし、顧客を囲い込む中で、3Shapeはいち早く世界標準のSTL規格に対応するようになりました。当院も世界標準のためにこの機会を所有しました。近年では他社もようやく戦略を改め、汎用規格の取り入れを始めています。


吉岡歯科医院のCAM設備

インプラントモデルサージェリー用石膏系3Dプリンター

インプラント手術を行う上で難しいことは、実際の手術対象となる顎骨が粘膜で覆われているため、手術当日まで骨を肉眼で確認することができないことです。吉岡歯科医院では歯科業界にCADCAMが参入する以前より、小規模製造業で用いられていた3Dプリンターを導入し、CTデータを3Dモデルデータへ変換し、それぞれの患者様の顎骨を3Dプリンターで制作してきました。これにより、実際の立体構造を事前に予習でき、また石膏系プリンターで制作されたモデルは現実の顎骨と削った感触が近似しているため、手術の練習も行っています。デジタルの良いところは同じ物を何個も制作できることであり、顎骨のモデルを複数個作って何度も練習をしています。正確な治療に、予習練習は重要です。

インプラントサージカルガイド用光硬化樹脂系3Dプリンター

サージカルガイドを制作する場合、多くの医療機関では外注が行われますが、外注費用は高額であり、実際限られたケースでしか用いられていません。吉岡歯科医院ではインプラント手術を行うすべての患者様に対してサージカルガイドを制作していますので、外注してしまうと莫大な経費となってしまいます。そこでとういんでは工場でしか用いられないような高精度な光造形樹脂の3Dプリンターを導入しました。この樹脂は口腔内での使用が公的に認められている材料であり、2018年の現在ではより安価な機種も出ていますが、精度は未だこの機種が最高峰です。

インプラント補綴・クラウン用セラミックミリングマシン

CERECのミリングマシンとなります。セレックのミリングマシンはいくつか種類が出ており、これは最新機種となりますが、当院は過去3台の歴代のセレックミリングマシンを所有しており、かねてよりCADCAMソリューションに取り組んできた実績があります。