愛知県名古屋市でインプラント治療なら専門医在籍の吉岡歯科医院へ

マイクロスコープ

マイクロスコープ(顕微鏡)を用いた超精密な歯科治療をご紹介いたします。


ルーペ型拡大鏡との違い

マイクロスオープが登場する以前はめがねタイプの拡大鏡しか存在せず、現在でも主流となっています。私は昔からルーペマニアで、各社各世代のルーペを大量所有しています。また当院に勤める歯科医師には全員ルーペを支給しております。ルーペはマイクロスコープの廉価版ではありません。肉眼の視野とマイクロスコープで得られる強拡大視野の間を繋ぐ弱〜中拡大視野をカバーする役割を担っており、これもまた診療に欠かせない道具の一つです。また、拡大鏡はマイクロスコープと違い、軽量で顔面にフィットしていますので、歯科医師の姿勢が自由にとりやすく、様々な角度から確認が必要な作業では圧倒的な優位性を持っています。例えば、インプラントを埋入する場合ではその方向は非常に重要となりますが、この場合マイクロスコープよりもルーペの方が適しているでしょう。

それぞれの歯科医師の好みや慣れの問題もありますが、当院ではそれぞれの治療においてどの拡大視野が適切か議論し、歯科医師によるばらつきを抑えた標準化に取り組んでいます。


マイクロスコープは適材適所で

これまでマイクロスコープの素晴らしさをお伝えしてきましたが、何でもかんでもマイクロスコープを使えば良いというわけではありません。例えば、ブリッジを作る場合などは複数の歯を平行に削る必要がありますが、そのためには複数の歯を同じ視野に収めた状態で削らないといけません。このようなシーンではマイクロスコープは不利となります。ほかにも、お顔とのバランスをチェックしたり、色をチェックしたりなど、拡大ではなく「引きの目線」でないと適切にできない仕事が数多く存在します。一般的に引きの目線で行う仕事を先に行い、徐々に拡大視野で精密に仕上げ、改めて引きの視線で全体のバランスを再確認するという流れとなります。マイクロスコープを用いる時間は治療全体を通して1歯あたり1時間程度でしょう。

マイクロスコープによる精密治療に期待されている患者様から、「今日はマイクロスコープを使っていませんが大丈夫ですか?」と聞かれたことがありますが、仕事の内容により適切な視野が異なるため使う場合と使わない場合があります。使わないからと言って品質が落ちているわけではありませんので、ご安心ください。