愛知県名古屋市でインプラント治療なら専門医在籍の吉岡歯科医院へ

痛くない安全・安心なインプラント手術

吉岡歯科医院は開院して20年経ちますが、幸いなことに過去に医療事故をおこしたことは一度も無く、訴訟も無く、救急車を呼んだこともありません。医院のルールで患者様の異常事態にはすぐに救急車を呼ぶように徹底していますが、トラブルがおこったことはありません。

吉岡歯科医院が日頃一番気をつけていることの一つに患者様に痛みをとことん与えないということがあります。なぜならば、患者様がショック状態に陥る一番の原因は疼痛性のショック(痛みによって引き起こされるショック)だからです。すなわち患者様の痛みなく治療できれば、ショック状態を80パーセント回避できることを意味しています。そういう訳で吉岡歯科医院には患者様が痛みを感じなく治療を受けられるように様々な機材や薬品が用意されています。

コンピュータにより注入速度をコントロールされた電動麻酔機で、麻酔薬注入時にもほとんど痛みがありません。機械本体は患者と離れた場所に設置され長いチューブで患部に麻酔薬が送り込まれます。

小型のポータブル電動麻酔機です。コンピュータにより注入速度をコントロールされた電動麻酔機で、麻酔薬注入時にもほとんど痛みがありません

ハシリジェット(無針麻酔機)

もともとはアメリカ軍で使用していた軍用品です。針がなく機械的な噴射力で粘膜内に麻酔薬が注入されますので戦時中でも感染事故の全く起きない注射器として使用されました。当院では麻酔の針が入る痛みをなくす為に使用しています。

吉岡歯科医院には静脈内鎮静法で意識のない状態で無痛でインプラント手術が行える機材が準備されています。通常のインプラント治療でも手術中には痛みはありませんが、静脈内鎮静法を使用した場合は手術中もあまり意識がなく、手術後には手術中のことがほとんど記憶にない為、恐怖感の強い患者様にはたいへん有効です。

吉岡歯科医院では麻酔に使用する針は痛みが最も少ない、33Gという断面積が通常の針の半分以下の極細針で、倍の値段がする針を使用していますが、その痛みさえをを抑える為に様々な方法を講じています。これは、針を入れる15分前に針を入れる場所に貼っておくと、麻酔薬がしみ込んで、麻酔針の痛みを感じないシールです。

なんらかのショックやアレルギーなどで急に意識がなくなり血圧が低下した場合、緊急にズボンの上から腿に刺すことができるエピネフィリンです。キットになっており、非常事態には瞬時に対応出来ます。

手術用タイマーで手術時間と麻酔時間を独立して表示することが可能です。

手術室の吸引機は24時間中稼働しており、電源スイッチを入れたけど作動しないなどということはありません。

麻酔に使用するガスを排出するコントロールパネルです。この装置のおかげで手術室内の空気は麻酔ガスによって汚染されません。

手術室内で使用された亜酸化窒素ガス(笑気ガス)や麻酔ガスは専用の麻酔ガス排出装置によって外部に排出され手術室内の空気を汚しません。

手術時における血液などの廃液は、患者様ごとに使い捨ての新しいフィルターで計量とともに排水設備とは完全に分離され、下水道に流すことなく、凝固剤で固めた後、感染性廃棄物として専門業者により安全に廃棄されます。

手術時の患者様の血液は一人づつ新しい凝固材入の使い捨てのバッグに吸引されます。

患者さん毎にバッグを新品に交換しますので、2日で感染性廃棄物用の箱はいっぱいになります。

廃棄物はこのまま専門業者に引き取られ感染性廃棄物として安全に廃棄されます。

院内で使用される薬剤は専用の薬剤保管庫で3℃で保存されています。

インプラント手術時に使用される滅菌生理食塩水も3℃で保管され、手術時には術野を冷やし、術後の疼痛と腫れとオーバーヒートを防ぎます。

今、協力な消毒薬以上に注目を浴びているのが強酸性水です。MRSAや薬剤耐性菌にも協力な殺菌力を示し院内感染を予防します。

酸素ボンベは緊急時に備え常時シタンバイされています。幸い開業して以来緊急時に使用したことは一度もありません。

faci18.jpgのサムネール画像

酸素発生機です。毎分3リットルの90パーセント酸素を無制限に供給できます。高級スポーツジムやエステサロンでもおなじみの機械です。ボンベと違い空になることはなく、無制限に酸素を供給出来ます。

ope17.jpgのサムネール画像

ベッドサイドモニタ 手術中、この装置によって患者様の心電図、血圧、脈拍、酸素飽和度を常時測定し、手術が安全に行われていることを確認しています。

ope15.jpgのサムネール画像

アンビューバッグ、幸い過去に現実に使用する事態になった経験はありませんが、呼吸が停止した時に上の黄色のバッグを押して肺に空気や酸素を送ります。

ope20.jpgのサムネール画像

気管挿管キット 全身麻酔時や緊急時に気道内に管を入れて呼吸を確保する為の器具で、救急カートに装備してあります。

ope_faci_13.jpgのサムネール画像

サブの手術灯です。メインの手術灯では不可能な真横からの照射も可能です。

吉岡歯科医院ではこのように考えられる限りの無痛治療システムと滅菌衛生システムを導入しています。