愛知県名古屋市でインプラント治療なら専門医在籍の吉岡歯科医院へ

フルマウス治療とは?

問題だらけのお口を、様々な手段で、全て治療します。

BEFORE

多くの歯がひどい虫歯で崩壊し、かみ合わせまでおかしくなっています。全体的な治療が必要です。

AFTER

インプラント治療、オールオン4治療、クラウン治療を総合的に用いて、お口全体(フルマウス)を治療しました。

応急処置の繰り返しから、計画的な機能回復へ

お口全体の崩壊が著しいと、果たしてどこから治療すべきなのか?優先順位は何なのか?適切な治療がわからず途方に暮れる方がとても多くお見えです。このような症例の解決は実際に難しく、近所の歯科医院に行っても部分的な治療を繰り返すだけで、ご自身の治療のゴールが明確に設定されないまま、十分な機能回復が実現されないまま、永遠と場当たり的な治療を繰り返し受けている方が非常に多くお見えです。低価格な保健医療制度が主体となっている日本の医療現場では、このような大がかりな治療介入が必要な方に対し十分なケアを提供できる歯科医院は限られており、患者さんがいくら高い次元での治療完成を望んでも、それができる歯科医院とマッチングしなければ、良い結果は永遠に手に入りません。吉岡歯科医院ではこのようなお口全体の治療介入が必要な患者様が全国よりお越しになりますので、フルマウス治療を日常業務として取り組んでいます。

どんな治療をしたのか?

オールオン4治療

上顎全体はほとんどの歯がすでに失われており、わずかに残った歯も虫歯の進行が著しく、保存不可能な状態でした。唯一前歯が一本だけきれいな状態でしたが、この歯は位置が悪く、無理に残すと最終的なかみ合わせに整合性がとれなくなることや、美しく仕上がらないという観点から、戦略的に抜歯を行いました。そして、即日に歯の入るオールオン4をして、治療が始まってからすぐに上の歯全体をきれいにしました。

インプラント治療

下顎も、虫歯が著しく保存不可能な部位は抜歯を行い、部分的なインプラントを適用しました。オールオン4と違い、部分的なインプラントでは局所で力に抵抗しなければいけないので、インプラントの本数は増えることになります。上顎のオールオン4では6本のインプラントで全体を支えているにも関わらず、下顎では7本で部分部分の歯を支えています。この場合、残っている歯を抜いてオールオン4を行うことも選択肢の一つです。治療期間が著しく短縮されるばかりか、外観も美しく仕上がります。しかし、ご本人と相談の上、なるべく残せる歯は残すこととしました。

クラウン治療

残せる歯は可及的に残すようにした結果、下の前歯と両側の奥歯を1本ずつ保存できました。しかし、この症例では最終的にかみ合わせを全て変えなければいけませんので、クラウン治療により歯を保存すると同時に、歯並びとかみ合わせの改善も行いました。初診時には舌の前歯が著しくすり減っており、また上顎の歯がなかったために顎の位置がずれてしまっていました。全体のかみ合わせを再構築することはフルマウス治療にしかできない最大のポイントです。