愛知県名古屋市でインプラント治療なら専門医在籍の吉岡歯科医院へ

目立たない矯正治療

従来のワイヤーを使わない、目立たない矯正治療をご紹介します。


インビザラインシステム

透明なマウスピースを用いた目立たず快適な矯正治療


従来と比較し、多くのメリットがあります

治療期間中も美しい外観

矯正治療をしたくても、銀色のワイヤーで見た目が悪くなるのはいやだ。矯正を躊躇される最も大きな原因と言われています。歯の裏側にワイヤーを設置して、外から見ないように行う矯正治療もありましたが、これは外観が確保される一方で、装置が舌のある空間に位置することで発音の邪魔となることがあり、現代の社会生活において現実的とは言いがたい手法でした。

一方で、マウスピースを用いた矯正治療では、厚み0.5mmの透明なプラスチックでできたマウスピースを用います。口腔内に装着すると、その自然な外観に多くの方が驚かれます。外観への抵抗感からこれまで矯正治療に踏み出せなかった方に是非一度検討していただきたい治療法です。

痛くない快適な使用感

従来のワイヤーを用いた矯正治療のデメリットは外観だけではありません。歯の表面に金属製の凸凹がズラッと並ぶため、装置が唇や頬の裏にこすれたり、時には刺さるなどして、人によっては口内炎ができてしまうこともありました。従来のワイヤー矯正装置を使っている患者様は大きく笑ったりできませんでした。これはワイヤーの外観を見せたくないからだけではなく、笑うと唇や頬が装置に刺さっていたいから、あまり表情を動かせなかったからなのです。これは、これまで矯正治療を行うのであれば仕方の無いことだと考えられていました。

一方で、マウスピース矯正では歯を厚み0.5mmの均質なプラスチック面が覆いますので、とてもなめらかで、唇や頬、舌を傷つけたり当たって痛いことはまずありません。

虫歯になりにくくお手入れが簡単

矯正治療期間中に最も気をつけなければいけないことは虫歯でした。ワイヤーが歯にくっついていますので、食べ物がとてもよく挟まる一方で、その複雑な構造から歯磨きは非常に困難です。したがって、矯正治療中には虫歯発症のリスクが著しく高まります。従来のワイヤーを用いた矯正治療では、装置を患者さんが外すことはできませんので、患者さんは通常の方の何倍も歯磨きに時間をかけ、複数の道具を使い分けて歯磨きをしなければいけませんでした。

一方で、マウスピースを用いるインビザラインシステムでは、患者様が装置を取り外すことが可能です。患者様は毎食後装置を取り外し、天然の歯の並ぶお口を通常の方と同様の方法で歯磨きをしていただけます。また、矯正装置は10〜14日後に新しい装置と交換しますので、装置自体も非常に清潔です。


ライフスタイルによりそう矯正治療


テクニカルインフォメーション

インビザラインシステムを含めたマウスピース矯正治療は最新の矯正治療システムでありながら、その技術開発はかねてより行われてきた歴史と実績のある治療法です。近年ではデジタル技術の革新により、歯牙の移動予測をより正確に行い、実際の患者様の治療に反映させることができるようになりました。