インプラントコラム

インプラント手術後の食事や生活上の注意点

インプラント手術の後は、お口の中に傷がある状態ですので、治りを阻害しないために、そして痛みが出ないようにするためにも、食事には十分に気をつける必要があります。また、手術後の生活の仕方にもいくつか注意したい点があります。
今回は、インプラント手術後の傷口が治るまでの食事や生活上の注意点についてご紹介します。

手術直後の食事における注意点

after_ope_cautions_01

インプラント手術が終わった後は、麻酔が切れるまで2〜3時間ほどその周囲が広い範囲で痺れた感じがします。

このような状態で食事をしてしまうと、うっかり口の中や唇を噛んでしまう恐れがあるため、できれば手術後の食事は麻酔が切れるまでは避けましょう。

手術後に適している食べ物

インプラント手術直後は、傷口に刺激を与えず、負担をかけない食事をしましょう。
ひとまず、あまり噛まなくても済むような軟らかいものを食べるようにしておけば安心です。

まずはスープやヨーグルトのような液体状のものが良いでしょう。固形物を食べるとしても、最初のうちは、おかゆくらいにしておいた方が無難です。

手術後一週間くらい経って傷口の痛みが和らいできたら、だんだんと麺類、煮物、バナナなどの軟らかい固形物も食べることができるようになります。

その後はだんだんと様子を見ながら、傷口の部分を避けて、普通通りの食事にしていきましょう。

手術後に避けるべき食べ物

手術をして間もない頃は、硬いもの、刺激の強いもの、熱いもの、アルコール、炭酸水といったものは避けましょう。

硬いものや刺激物、炭酸水などは、傷口を刺激し、痛みや出血の原因となります。

アルコールを飲むと、血行が良くなりすぎて、出血が止まりにくくなったり、腫れてしまったりする原因になります。

インプラント手術後のお口のケア

after_ope_cautions_02

インプラント手術後は、歯磨きをする際に、インプラント部分を歯ブラシで傷つけないように注意して磨きましょう。
傷口以外のところは、普通通り磨いても大丈夫です。

インプラント周囲の細菌感染を防ぐために、洗口剤が処方されることがありますが、手術後間もないうちは強くうがいをすると傷口を塞いでいる血の塊が剥がれて再出血したり、治りが悪くなってしまう恐れがありますので、あくまでも強い圧をかけないように優しくうがいをするようにしてください。

その他、インプラント手術後の生活で気をつけること

手術後2~3日は運動を控えましょう

インプラント手術直後は、激しい運動を控え、安静な状態で過ごしましょう。スポーツをしている方は、再出血や腫れのリスクを上げないためにも、できればある程度激しい運動は、2〜3日くらいは控えた方が安心です。

ゆっくりと休養をとりましょう

睡眠不足や、ストレスの多い生活は、免疫力を低下させてしまい、治りを悪くする恐れがあるので、インプラント手術後はなるべくゆったりと過ごすようにしましょう。

当日は湯船に浸かるのは避けましょう

湯船に浸かると、結構がよくなるため腫れや再出血のリスクを高めます。そのため、手術当日、できれば翌々日くらいまでは湯船に浸かるのは控えたほうが安心です。

タバコを控えましょう

喫煙すると、傷口の治りを悪くしてしまうため、インプラントと骨がくっつかなくなる恐れがあります。また、タバコを吸っていると免疫力低下により傷口の感染リスクを高めてしまいます。

そのため、インプラント手術前後にはタバコを控えていただくことをおすすめしますが、インプラントが入った後も、できるだけインプラントを長持ちさせるためには、できるだけ禁煙していただくのが良いでしょう。

この記事もよく読まれています!
Instagram