愛知県名古屋市でインプラント治療なら専門医在籍の吉岡歯科医院へ

歯科医師免許を持つ歯科医が連載!歯科医師コラム


インプラントは人工物ですが、天然の歯の歯茎が炎症を起こすことがあるように、インプラントの周囲の歯茎も炎症を起こすことがあります。そして、その状態を放置していれば、歯周病のように病状が進み、やがてインプラント自体の存在を脅かすような事態へと進行していきます。ただし、その病状の進み方はインプラントの方が天然歯よりも深刻であるため、インプラントが入っている、もしくは入れようと考えている人はそこをよく理解しておく必要があります。
インプラントと天然歯、周囲組織の構造の違い

インプラントと天然歯、周囲組織の構造の違い

インプラントは天然歯とそのままそっくり代わるものだと思っている人もいるかもしれません。外側から見ると、なんら自分の歯と変わらないように見えるため、そう考えてしまうのも当然と言えば当然です。しかし、目で見えない部分の構造というのは全く同じではありません。
インプラントの歯根部分は骨と直接結合しています。この結合様式をオッセオインテグレーションと呼んでいます。また、歯茎とは触れ合ってはいますが、しっかりと付着してはいません。

一方天然歯の場合は、歯根表面にあるセメント質と骨との間に歯根膜という靭帯が存在し、その靭帯が噛んだ時の衝撃を緩和する役割をしています。また歯茎の線維は、歯根の表面にあるセメント質にしっかりと付着して、簡単には剥がれません。

インプラントが天然歯よりも周囲炎に気をつけなければならない理由

インプラントは天然歯より感染に弱い

天然歯とインプラントでは、まず感染に対する抵抗力が違います。その理由として、天然歯の場合、歯茎、歯根膜、歯槽骨の三箇所から血液が供給されているのに対し、インプラントの場合は、歯根膜がありませんので、歯茎と歯槽骨の2箇所からしか血液供給がなされません。血液の供給が少ないと、感染防御の役割を果たす白血球が少なくなるということですので、インプラントはより感染しやすい状況だということが言えます。

インプラントは天然歯よりも炎症が奥に進みやすい

インプラントは天然歯よりも、ひとたび炎症が起こってしまうと、奥にどんどん炎症が進んでしまいやすい傾向があります。これはセメント質のあるなしが決め手となっています。天然歯の場合だと歯根表面にあるセメント質の中に歯茎の線維がしっかりと入り込んでいて両者が強固に結合し、細菌の侵入を防いでいます。それに対し、インプラントの場合、セメント質が存在しないため、歯茎とは全く結合しておらず、ただ両者は触れ合っているだけです。そのため、細菌が入り込みやすく、奥の方へと炎症が進行しやすいのです。

インプラントは噛み合わせのダメージを受けやすく、しかも気づきにくい

インプラントが天然歯よりも周囲炎に気をつけなければならない理由

噛み合わせの力が過度にかかってしまうと、歯をダメにしてしまうことがあります。これはインプラントに関しても同じことが言えますが、インプラントの場合には、天然歯よりもダメージを受けやすいため、特に注意が必要です。これは、骨との間に歯根膜があるかどうか、というのが決め手となっています。つまり、天然歯の場合には骨との間に歯根膜というクッションがあるのに対し、インプラントにはそれが存在しません。天然歯は、歯にかかった力をうまく緩衝し、また、異常な力がかかると、痛みというサインを出して私たちに危険を知らせてくれますし、歯周組織にダメージを受けてもそれを修復させるような働きもあります。また、骨が下がってくると歯がグラグラして、歯周病が進行していることを私たちに知らせてくれます。

しかし、インプラントの場合、歯根膜がないため、強い力がかかるとその力は緩衝されることなく骨に伝わりますし、痛みも感じにくい構造となっています。また、骨が溶かされてきたとしても、骨と数ミリでもくっついていればグラグラすることもありません。そのため、インプラントが危険にさらされているサインを私たちが感じ取ることが難しく、そのまま噛み合わせのダメージを与え続けることになりかねません。

感染した後の治りのスピードが違う

天然歯とインプラントでは、新陳代謝の仕方、サイクルにも違いがあります。天然歯の場合、新陳代謝の方向が、歯茎の溝の中の古い異物を排除するような方向でなされ、新陳代謝のサイクルに関しては大体1〜2週間程度だとされています。そのため、歯茎に細菌感染が起こったとしても、その後しっかりと歯磨きをしたり、クリーニングを受けることで、ダメージを受けた細胞は排除され、健康な細胞の再生が期待できます。

ところが、インプラント周囲の歯茎というのは、新陳代謝の方向が、歯茎の溝の中の異物を排除するような流れではなく、単に奥から表面に生まれ変わっていくだけであること、そして、歯茎の新陳代謝のサイクルは天然歯の場合の3分の1程度と遅く、一旦歯茎が炎症を起こすと、治るまでに3倍もの期間を要することになります。そのため、非常に治りが遅く、その間進行が進みやすいのです。

→当院の高度なインプラント治療について詳しくはこちら

インプラントは決して簡単な治療ではなく、歯科治療の中でもことさら特殊な技術や解剖学的な知識、センス、経験が求められる治療です。最近ではますます多くの歯科医師がインプラント治療を行うようになってきていますが、それと同時に数々のインプラントトラブルが起こっていることも事実です。特に上の奥歯のインプラントは治療が難しい場所の一つであり、残念な事例が多く起こるところでもあります。上の奥歯のインプラントはなぜ難しいと言われているのか、ご紹介していきます。
上奥歯のインプラントが難しい理由

上奥歯のインプラントが難しい理由

上奥歯のインプラント治療が難しい理由として、次のようなことが挙げられます。

骨が薄いことが多い

上の奥歯が埋まっている上の方には上顎洞と呼ばれる副鼻腔の一つが存在しています。つまりほっぺの骨の内側の部分であり、その部分は大きな空洞になっています。上の奥歯と上顎洞の距離は人によっても違いますが、近接していることが多く、中には上顎洞の内部に歯根の一部が入り込んでいるような状態になっていることも珍しくありません。

そのため、上の奥歯を抜いた後、インプラントをしようとしても、インプラントを埋められるほどに骨の厚さがない、ということが頻繁に起こります。歯を抜くことになる原因として多いのが、歯周病や根尖病巣というような、「骨のボリュームを失ってしまう病気」であるため、骨の厚さは元々よりもかなり減ってしまうことが非常に多いのです。

骨がスカスカである

上顎の骨というのは、骨の質がスカスカであるのもインプラント手術のハードルを高くしている要因の一つです。このような発泡スチロールのような骨は海綿骨と呼ばれ、下顎の硬い緻密骨とは対照的です。スカスカの部分にインプラントを埋めても骨と結合しにくく、強い力をかけるとインプラントが抜けてしまうこともあります。

でも現在は、このような難しい条件であっても、上の奥歯のインプラントの成功率が他の部位とそれほど変わらなくなってきました。その理由として、インプラントを埋め込む技術の進歩、インプラントの表面性状の改良、インプラント治療で使用する人工骨材料、というような歯科材料の進歩によるものが大きいと言えます。

上奥歯で骨が薄い時に行われる対処法

上顎の奥歯部位で十分な骨の厚みがない場合に行われる対処法として、次のような方法があります。

ソケットリフト法

ソケットリフトは、部分的上顎洞挙上術とも呼ばれるもので、その名前の通り、上顎洞の底の部分を挙上し、それによってできたスペースに人工骨を補填してインプラントを埋める厚みを取る方法です。骨の厚さが4〜5ミリくらいある場合に行われます。

サイナスリフト法

サイナスリフトは、上顎洞底挙上術と呼ばれるもので、ソケットリフトを行うケースよりもさらに骨が薄いケース、あるいは同じ側の奥歯に多数のインプラントを同時に行う場合に行われます。上顎洞の前部に当たる部分の歯茎を切開して、骨をむき出しにし、骨の一部を開け、上顎洞の内側にあるシュナイダー膜を剥離し、上に挙上します。そして下部にできたスペースに人工骨を多量に補填し、その後数ヶ月置いて骨がしっかりとできたらインプラントを埋入していきます。

傾斜埋入法

この方法は、ソケットリフトやサイナスリフトとは違い、人工骨の移植を行わない治療法です。上顎洞や上顎結節、犬歯窩というような危険部位を意図的に避けて斜めにインプラントを埋め込むことで、長いインプラントを埋めることができます。

上奥歯で骨が薄い時に行われる対処法

上奥歯でインプラントを行う場合のリスク

上の奥歯部分にインプラントを行う場合のリスクとして、上顎洞炎や、インプラントが上顎洞の中に落ちてしまう、というようなことがあります。日本人の上奥歯部分の平均的な骨の厚さは4ミリくらいだと言われています。それゆえ、そのままではインプラントを行うことはほぼ不可能であり、無理やり行うと、インプラントが上顎洞に突き抜けてしまいます。それを防ぐために上でご紹介した上顎洞を避けて埋める方法や、骨のカサを増す方法が行われます。ですが、このような手術を行なう際に、上顎洞の粘膜に触れることが原因で上顎洞炎を起こすことがあります。かなり手術がうまくいく場合でも、数日間は上顎洞炎を起こすことが実際にはよくあります。

もし上顎洞炎が起こってしまった場合には、適切な対処が必要になります。治療法としては、抗生剤の服用で良くなることが多いですが、それでも良くならない場合には耳鼻科的な対処も必要となってきます。

吉岡歯科医院では、このような上顎洞炎を極力予防するために、インプラント手術の前には必ずCT撮影を行い、上顎洞までの距離や上顎洞の状態を確認し、注意深く手術を行なっています。もともと上顎洞に炎症を起こしやすい人の場合、炎症がなかなか引かないことが多いため、鼻の調子が悪く、換気の状態が悪い場合には、インプラント手術の前に耳鼻科的な対応をすることで、上顎洞の状態を良くしておくこともあります。

→当院の高度なインプラント治療について詳しくはこちら

歯を失って、入れ歯にしようかインプラントにしようか迷っている人もいるのではないでしょうか?入れ歯とインプラントは全く異なる治療法ですので、迷ってしまうのも無理はありません。入れ歯かインプラントといっても、どちらにもそれぞれメリット、デメリットがありますし、人によってもどちらがより合っているのかというのは変わってきますので、どちらが良いか一概に言えるものではありません。今回は入れ歯よりもインプラントが適しているのはどのようなケースか、ということについてご紹介していきます。
入れ歯がどうしても合わない人

入れ歯がどうしても合わない人

入れ歯は歯を失った場合に、最も簡単に、短期間で入れられる治療法です。歯を1本失った場合から、全て歯を失った場合まで、どんな場合にも対応できる治療法であるため、最も多くの人に選ばれている治療でもあります。しかし、入れ歯の欠点として、違和感が強い、食事が美味しく感じられない、というようなことを感じる人が多いのも事実で、入れ歯を長い間使っていてもどうしても馴染まない人、というのは決して少なくありません。

特に歯を失う本数が多くなって入れ歯が大きくなればなるほど、入れ歯が歯茎を覆う面積が広くなるため、吐き気や喋りにくいというような不都合を感じやすくなり、ストレスを感じながら仕方なく入れ歯を入れている、という人も多くなってきます。

逆に、少数本歯を失った場合、吐き気や発音の不便さというのはあまり起こることはありませんが、入れ歯を入れなくてもある程度食事ができてしまうため、ずっと入れ歯を外したままになるケースも多くみられます。そのうち入れ歯が合わなくなり、はめられなくなることもあります。

入れ歯というのは、取り外し式の人工歯ですので、きちんとはめるべき時にははめなければなりません。外したままでいると、他の歯に負担がかかり過ぎてしまったり、入れ歯自体が合わなくなって使えなくなることもあります。また、はめていてもストレスを大きく感じ続けてしまうようであれば、精神的にもあまりよくありません。

よりしっかりした噛み心地を得たい人

入れ歯は、歯茎の上に人工の歯茎と歯が乗っかっている状態になります。そのため、物を噛むことができても、自分の歯で噛むような噛み心地とまではいきません。その点インプラントは、自分の顎の骨に人工歯根を埋め込みますので、噛んだ力がそのまま顎の骨に伝わり、まるで自分の歯で噛んでいるかのような感覚が得られます。そのため、固いものもしっかりと噛み砕くことができ、美味しく食事を摂ることができます。よく例としてあげれられるのが、入れ歯の場合、天然歯に比べて噛む力は良くて30%くらい、インプラントの場合は天然歯のそれの80%くらい、というものです。

いつまでも若々しい見た目でいたい人

いつまでも若々しい見た目でいたい人

入れ歯でも非常に若々しい方というのはいらっしゃいますが、やはり入れ歯を外すと、口の周りのシワを隠すことはできないため、一気に老けて見えてしまいます。歯が埋まっている骨というのは、歯を失うとだんだんと吸収し、痩せていってしまいます。これは歯を抜けたままにしている場合、ブリッジにした場合、入れ歯にした場合、どの場合でも起こってきます。これは噛む力が骨にしっかりとした形で伝わらないからです。歯が埋まっていた骨が痩せると、口元の張りがなくなってきますので、口元が窪み、皮膚にもシワが多くなってくるのです。

一方、インプラントの場合は、インプラント自体が骨に埋まっています。そのため、噛む力が骨にかかり続けるため、骨の吸収を防ぐことができます。歳を重ねても健康な歯がたくさん残っている人というのは、顔にシワも少なく、見た目が若々しく見えます。インプラントにした場合、歯を失っていない人と同様に、顔の張りを保つことができるので、若々しく見えるというわけです。

お口のメインテナンスがしっかりとできる人

インプラントというのは、体の一部(顎の骨)に人工歯根を埋め込んでいる、いわば体の一部になってしまっている状態です。そのため、しっかりとお手入れをし、清潔を保たなければ、自分の歯のように細菌感染から歯(インプラント)を失うことになりかねません。入れ歯の場合ももちろん、お口のお手入れをしっかりとしなければ、入れ歯を支えている歯が虫歯や歯周病になってしまい、歯を失うことに繋がります。しかし、入れ歯の場合、入れ歯を支えている歯が仮にダメになったとしても、比較的簡単に入れ歯をその状態に合わせて修理することが可能です。インプラントの場合には、もしインプラントがダメになったら、再度インプラントをすることも不可能ではありませんが、肉体的、精神的、金銭的にもその損失は大きなものになります。そのため、インプラントを希望する場合、かなりお口のケアがしっかりできなければ難しいということが言えるでしょう。

インプラントに興味のある方は、ぜひ吉岡歯科医院に一度ご相談ください。

→当院の高度なインプラント治療について詳しくはこちら

歯を失うとどんな治療法があるのか気になりますね。できるだけ良い治療法を選びたい方にとってインプラント治療はおすすめの治療法ですが、インプラント治療が日本で広く普及していると言えない大きな理由として、その値段が挙げられます。インプラント治療の値段を聞いただけで、他の治療法と比較して「高すぎる」と感じ、選択肢から外してしまう人も多いようですが、インプラント治療が高いのにはそれなりのわけがあり、また、その値段に見合うだけのメリットがあるのも事実です。インプラント治療がなぜ高額になってしまうのかご紹介していきます。
インプラント治療は健康保険が適用されない

インプラント治療は健康保険が適用されない

インプラント治療は保険適用でない、というのが、日本でインプラントを選ぶ人がまだまだ少ない大きな理由です。日本では他の先進国と違い、保険治療の場合、格安で大抵の歯の治療を受けることができます。歯を失った場合の歯を補う治療に関しても同様で、入れ歯治療やブリッジ治療は保険で治療を受けることが可能です。歯を補う治療の中でインプラントだけが保険適応にならないので、ハードルが高いと思ってしまう人が多いようです。

■保険診療には問題も

保険治療というのは日本ではあまりにも浸透しすぎてしまっていますので、保険の治療が当たり前だと思われ、その問題点についてあまり疑問視されることはないようです。保険治療は国民の誰もが、どの歯科医院でもある一定水準の歯科治療を受けられるように作られた素晴らしい制度ではあります。ですが、保険診療の問題点として、治療に使用される材料が決められていて、より良い材料が使えなかったり、治療の内容にも決まりがあって、最低限以上の治療が受けられないというようなことがあるのです。

また、保険診療で得られる報酬というのは低く抑えられており、歯科医師も歯科医院を経営していくためには、できるだけ多くの人数の患者さんを診る必要があります。そのため、一人一人の治療を短時間で終わらせる必要があり、治療の質がどうしても落ちてしまいがちになります。

確かに、保険診療は安くて良い、という利点はあるのですが、裏を返せば、最低限の機能回復しかできない治療だと言えます。そのため、審美面や快適さの面で満足のいかない結果に終わることも珍しくありません。また、優れた材料を使用することができないので、せっかく治療をしても材料が劣化して長持ちしない傾向があります。治療をしたところがダメになってしまうと、結局は残された歯もどんどんと悪くなっていきます。

保険のきかない自由診療は、贅沢な治療だと思われがちですが、保険診療では得られない審美性の高さや快適性を得られ、そして治療した部分が長く良い状態で保てるため、結局は自分の歯を長く健康な状態で保てる可能性が高くなると言えるでしょう。

インプラント治療の内容には色々ある

インプラント治療の内容には色々ある

インプラント治療というのは、入れ歯やブリッジのような他の歯を補う治療法に比べ、治療内容が複雑で、はるかに手がかかります。そのこともインプラント治療の値段が高くなってしまう原因となっています。

■手術前の検査
まずインプラントをする場合にはレントゲン写真の他にも、CT撮影をし、骨の状態やその内部にある神経や血管などの位置も詳しく把握する必要があります。また、コンピューターを使ってインプラントを埋め込むシミュレーションをしたり、というようなことも行います。このように、まず、治療を行う前に徹底的な検査を行う手間がかかります。

■インプラント手術
インプラント治療には手術が欠かせません。インプラント手術を成功させるためには、感染予防に特別な注意を払う必要があります。そのため、専用の手術室を使用したり、器具の消毒滅菌にもそれだけの手間がかかります。また、インプラント手術には特殊な機械や器具も多く用います。

インプラントを正しい位置に埋め込むためには、専門的な知識、そして高度な技術、熟練した技術が要求されます。また、インプラントを埋める場所に十分な骨がない場合には、インプラントの骨を移植する手術が必要になり、その場合にはさらに費用がかかります。

■インプラント体
インプラント体はインプラントの根っこの部分にあたります。インプラント体には多くのメーカーがあり、メーカーによって値段も千差万別です。格安でインプラントを行なっている歯科医院の場合、このインプラント体自体安いものを使っているケースが多くみられ、色々と問題も起きているようです。吉岡歯科医院では世界的に信頼されているトップメーカーのインプラント体のみを使用しておりますのでご安心ください。

■被せ物
インプラント治療の場合、被せ物は金属、セラミックなどからお口の状態に合ったもの選択しますが、いずれの場合でも自費になります。

インプラント治療は決して安い治療ではありませんが、しっかりとお手入れすれば何十年も持たせられ、かつ、他の歯に負担をかけないため、お口の健康を長く保ちやすい治療法です。それゆえ、値段だけの価値は十分にある治療法だと言えるでしょう。

→当院の高度なインプラント治療について詳しくはこちら

インプラント治療を受けるというからには、そこに何かが起こって歯を失うことになったということです。歯を抜いたらインプラントにすればそれで解決する、と簡単に考えている人もいるかもしれませんが、歯をダメにするほどの問題が口に残っている場合、インプンラトをそこに埋めたとしても、今度はインプラントにトラブルが起こってダメになってしまう危険性もあります。せっかく入れたインプラントを自分の歯の二の舞にしないためにも、インプラントを失った原因を知り、それに対する対策を講じていくことが重要です。
歯を失った原因は何ですか?

歯を失った原因は何ですか?

歯を失う原因はどのようなものでしょうか?歯を失うには何らかの原因があるはずです。厚生労働省が行なった調査によると、日本人が歯を失う原因で最も多いのが歯周病、その次に虫歯、その次が歯の破折となっており、これらが歯を失う原因のほとんどを占めています。

歯周病というのは、歯周病細菌が原因で起こる感染症で、歯茎の炎症から始まり、病状が進行するにつれて歯を支えている骨が失われていきます。骨が歯を支えられなくなると、歯が抜け落ちてしまいます。

虫歯は、虫歯菌が糖を原料として作り出す酸が歯を溶かしていく病気です。虫歯の場合、虫歯の進行につれ、歯自体が高さを失って被せ物が被せられなくなる、あるいは、細菌が歯の内部の神経に達した後、神経の入っている管を通って骨に膿を溜める、といういずれかの理由で歯を抜かなければならなくなります。

歯根破折は歯の根っこが割れてしまうというもので、意外によく起こるものです。歯の根っこが折れてしまう原因としては、神経を抜いた治療済みの弾力性が失われた歯が、噛む力に耐えられなくなる場合や、歯ぎしりや食いしばり、硬いものを噛むというような習慣などが挙げられます。

歯周病が原因で歯を失った場合

歯を歯周病で失った場合、失った歯だけではなく、その周囲の歯も歯周病であるケースがほとんどであると言えます。そのため、お口の中には歯周病細菌が多いと考えられ、そのままの状態でインプラントをしてもたちまち歯周病細菌にやられてインプラントはダメになってしまう可能性が高いでしょう。それゆえ、インプラントを行う前には、徹底的に周囲の歯の歯周病治療を行なって、できるだけ歯周病細菌を少なくしておく必要があります。

また、歯周病で歯を失うケースというのは、歯を支えていた骨がかなり吸収して失われている状態です。それはつまり、インプラントを埋めようとしても骨が足りない可能性が高いということです。骨が足りないと、インプラント自体が行えない場合もあります。しかし骨が足りなくても、骨を移植する方法や増やす方法はありますので、インプラント治療自体が絶対不可能、というわけではありません。ですが、骨の移植、骨を増やす治療というのは別に手術が必要で、余計に期間や費用もかかることになりますし、骨がうまくできてこない場合もあります。

そして仮に骨がうまくできて、インプラントが無事に成功したとしても、歯周病で歯を失う前のようなケア方法を続けていれば、また歯周病細菌にやられてしまい、インプラントを失ってしまう可能性が高いと言えます。このように、歯周病で歯を失った人は、インプラントを行う上で色々と難題が降りかかることが多くなります。

虫歯が原因で歯を失った場合

虫歯が原因で歯を失った場合

虫歯は虫歯菌によって引き起こされますが、虫歯菌がインプラントに影響を及ぼすことはありません。そのため、歯を抜いて周囲に細菌感染がなければ、歯を抜いて直後にインプラントを埋めることも可能です。これは歯周病で歯を失った場合と大きく違うところです。しかし、虫歯が原因で歯根の周囲に膿溜まりのような細菌感染を起こしている場合には、抜いた直後にインプラントを埋め込むことはできません。また、歯根の周囲に膿をためて周囲の骨が溶かされてしまっている場合、骨が少なくなっていてそのままインプラントができない場合もあります。このような場合には、骨の移植や骨を増やす手術を行う必要が出てきます。

歯根破折が原因で歯を失った場合

歯根破折が原因で歯を失った場合、噛み合わせの力が強すぎるという問題があるケースが多いと言えます。強い歯ぎしりや食いしばりの癖、硬いものを好んで食べるというような習慣が残っていると、インプラントを抜いた歯の代わりに入れたとしても、インプラントの被せ物のセラミックが欠けてしまったり、被せ物が外れてしまったりするトラブルを起こしやすくなります。ただ、これらのように、被せ物にダメージがくるならまだいい方で、この過剰な力がインプラント本体にかかり続けてしまうと、インプラント周囲の骨が吸収してしまいやすくなり、インプラント周囲炎の進行を加速してしまい、インプラントの寿命を縮めてしまう恐れがあります。

吉岡歯科医院では、歯が抜けた原因を把握した上で、インプラント治療が極力トラブルを起こさないように治療を行なっています。ぜひ安心してご来院ください。

→当院の高度なインプラント治療について詳しくはこちら