• 24時間予約
  • 初診予約
  • 電話でお問い合わせ

歯科コラム

歯周病のリスクが高い場所はどこ?

gum_disease_point_01
歯周病予防のためには、毎日の歯磨きのケアが大事ですが、実は、歯周病というのは、かかりやすい場所や条件というものがあります。歯周病予防をより効果的に行うためにも、そのような歯周病リスクの高い場所を知り、その部分を重点的に行うことが重要です。

今回は、歯周病リスクが高い場所、条件についてご紹介します。
コラム全文を読む

糖尿病と歯周病の深い関係

diabetes_periodontitis_01
歯周病は成人の8割がかかっていると言われ、糖尿病は国民の1〜2割がかかっている、もしくはその予備軍だと言われているように、どちらもありふれた生活習慣病です。ところで、この二つの病気に大きな関連性があることをご存知ですか?

今回は、この二つの病気がどのように関連しているのか、また、どちらも重症化させないためにどんなサインに気をつけたらいいのかということについてご紹介します。
コラム全文を読む

歯石取り、なるべく痛くないようにするには?

shisekitori_01
歯石取りはどうも痛くて苦手、という方もいることでしょう。歯石を取った方がいいのはわかっているが、どうしてもあの感覚が嫌でついついサボりがち、という方もいるかもしれません。しかし、歯石というものは、放置すると歯周病を確実に悪化させますし、口臭も引き起こしてしまう厄介なものです。

今回は歯石取りが苦手だという方のために、歯石取りの際になるべく痛みを感じないための秘訣についてご紹介します。
コラム全文を読む

歯科で約3ヶ月に1回のメンテナンスを勧められる理由

periodic_medical_check‐up_01
歯の治療が終わった後に、「また3ヶ月後にきてください」と言われたことのある人もいるのではないでしょうか。何も悪くないのに、なぜまた3ヶ月後に来ないといけないのか、正直面倒だと感じる人もいるかもしれません。

特に、従来型の「悪くなってから歯医者に行く」というのに慣れている方にとっては、例え早期発見・早期治療が良いと分かっているとは言え、悪くなってもいないのに歯医者行くのに抵抗を感じていることもあるかと思います。

今回は、なぜ、多くの歯医者が3ヶ月に一回のメンテナンスを推奨するのかその理由についてご紹介していきます。
コラム全文を読む

歯垢と歯石、何が違うの?

shikou_shiseki_02
歯垢と歯石の違いをご存知ですか?どちらも歯の表面につくものであるということはわかっていても、詳しい違いについてはわからない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、歯垢と歯石の違いについてご紹介します。
コラム全文を読む

歯周病は他人からうつる?歯周病にかからないための対策

perio_kansen_01
歯周病は細菌感染によって起こる病気です。生まれたばかりの赤ちゃんには歯周病菌はいませんが、生きていく段階で歯周病菌は高確率でいずれお口に入り込んできます。

今回は、歯周病菌がお口の中に入ってくる経緯、そして歯周病にかからないようにするための対策についてご紹介します。
コラム全文を読む

肥満の人は歯周病リスクが高まる

himan_perio_02
肥満症は、健康を害することで知られており、糖尿病や高血圧、脳梗塞、冠動脈性疾患、癌など、さまざまな病気にかかりやすくなることがわかっています。

そして、それだけでなく、近年、歯周病との関連があることもわかってきました。
コラム全文を読む

ストレスが歯周病を悪化させる!?

stress_perio_01
ストレスというものが体の不調や病気を作るということはよく知られていますし、そのような経験をしたことのある方もいるのではないでしょうか。ストレスが原因で起こる病気として知られているものとしては、うつ病、自律神経失調症、過敏性大腸炎、胃潰瘍、といったようなものが有名ですが、実は口の中にもストレスは様々な不調をもたらします。

その中でも、今回は、歯周病とストレスとの関連についてご紹介していきます。
コラム全文を読む

早産の危険性も?!妊娠中に歯周病にかかるリスクとは

歯周病というと、割と歳を取った人がかかるイメージがあるかもしれません。確かに、歯周病のわかりやすい症状が出てくるのは、ある程度年齢が高くなってからのことが多いですが、進行性の病気であり、しかも長年かかってすすむパターンが多いため、発病するのは比較的若い頃ということも少なくありません。

現に、歯周病は日本においては成人の8割がかかっているとも言われており、誰にとっても無関係な病気ではないのです。そして実は、歯周病というのは女性の方がリスクが高い病気であり、特に妊娠中にそのリスクが高まることがわかっています。そしてさらに厄介なことに、妊娠中の人が歯周病にかかると、色々とお腹の赤ちゃんに影響が出てしまうという問題があります。

今回は妊娠中に歯周病にかかるリスクについてご紹介します。 コラム全文を読む

歯周病のリスクを高める歯石。歯石がつく原因と解決法とは?

歯石というのはいつの間にかついてしまうものですが、これを放置していると歯周病を発病させたり、悪化させたりしてしまう原因となります。ですが、歯石のつき方というのは、すぐにたくさんついてしまう人もいれば、あまりつかない人もいるように、個人差があります。

今回は歯石がつく原因と、歯石をつきにくくする解決法についてご紹介します。
コラム全文を読む

お電話でお問い合わせ
よくあるご質問