• 24時間WEB予約
  • 電話でお問い合わせ

ホワイトニング

こんなお悩みありませんか?
歯を削らず、ダメージを与えずにご自分の歯を白くできます
昔に比べてなんだか歯が黄色くなってきた、歯の色がくすんでいる、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実は、歯というのは加齢や食生活などにより、いつの間にか白さを失っていきます。歯の白さが失われると、なんとなく自分に自信が持てなくなりがちです。
そんな方におすすめしたいのが、歯科医院で行うホワイトニングです。歯科医院のホワイトニングなら、歯科のチェアーにて短時間で、もしくはご自宅にてご自分のペースで、お好みに応じて健康的に歯を白くしていくことができます。
  1. ホワイトニングとは
  2. ホワイトニングの種類
  3. 治療の流れ
  4. メリット・注意点
  5. よくあるご質問
  6. 料金について

ホワイトニングとは

治療前
ホワイトニングの薬剤を用いて 歯を白くしていく治療法
歯科医院のホワイトニングなら、歯にダメージを与えることなく、黄ばんでしまった天然歯を健康的に白くしていくことができます。歯のホワイトニングには、歯磨き粉で行うものや、エステサロンで行うものなどもありますが、そのような方法は、あくまで歯の表面の汚れを落としているだけで、歯そのものを白くすることはできません。
歯科医院で行うホワイトニングは、歯科医院専用の薬剤を用いて、歯の深部にまで及ぶ着色成分を分解することができるので、より高いホワイトニング効果が得られます。
こんな方にオススメ
  1. 歯の黄ばみが気になっている方
  2. 年齢とともに歯の色が黄色くなってきたと感じる方
  3. 接客業や人前で話す職業の方
  4. 結婚式や大事なイベントを間近に控えている方
  5. 歯の変色がコンプレックスになっている方
  6. 歯を削らずにご自分の歯の良さを生かして白くしたい方

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング
歯科医院のチェアーで行うホワイトニングです。過酸化水素をベースとしたホワイトニング剤を歯に塗布し、特殊な光を当てることで歯を効果的に、短時間で白くしていくことができます。
《 こんな方にオススメ 》
・とにかく早く白くしたい、という方
・全てお任せで白くしたい方
メリット
  1. 短期間で効果が感じられる
  2. 全部お任せでできるので、楽
  3. 輝くような白さが得られる
デメリット
  1. 早く白くなる分、ホームホワイトニングに比べて色の後戻りが早く起こりやすい
  2. 人によっては施術中、施術後に一時的な知覚過敏を感じることがある

当院ではホワイトニングとホワイトニング(マイルド)をケースバイケースで使い分けています。
より白さを求める方には通常のホワイトニングを、自然な白さを求める方、歯茎が下がっている方、お試しを希望される方、すでにホワイトニングをした方のタッチアップには低刺激タイプのホワイトニング(マイルド)をおすすめしています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング
ご自宅で、患者様ご自身で行っていただくホワイトニングです。歯科医院で型をとって作った患者様専用のマウストレーに、お渡ししたホワイトニングジェルを入れて数時間装着していただきます。
お好きなタイミングで、ご自分のペースで気軽にできるのが魅力です。オフィスホワイトニングよりも濃度を抑えた過酸化尿素をベースにしたホワイトニング剤を用いますが、こちらはより深部の色素までじわじわと分解してくれる効果があります。
《 こんな方にオススメ 》
・ご自分のペースで気軽にしたい方
・知覚過敏が気になる方
・より自然な透明感のある白さにしたい方
メリット
  1. 歯科医院にいく手間が省ける
  2. より透明感のある自然な白さが得られる
  3. 濃度が低めなので、知覚過敏を起こしにくい
  4. オフィスホワイトニングに比べ、色の後戻りがゆっくり目
  5. より深部までホワイトニング効果を発揮する
  6. ホワイトニングジェルを購入すれば、また気軽に再ホワイトニングができる
デメリット
  1. 効果が出るのにある程度日数がかかる
  2. ご自分で管理して行う必要がある

治療の流れ

step1. ご相談

ご相談
患者様のホワイトニングに対するご要望をお伺いし、ホワイトニングについての説明、考えられる期間や費用などについてもお話しします。
次のステップ

step2. 検査〜クリーニング

検査〜クリーニング
歯の健康状態チェック、現在の歯の色のチェック、歯の写真撮影などを行います。その後歯のクリーニングを行います。
ホワイトニングする場所に虫歯や歯周病がある場合、基本的にホワイトニング前にそちらの治療を行います。

次のステップ

step3. 歯肉保護ジェルの塗布

歯肉保護ジェルの塗布
ホワイトニング剤が歯茎につかないよう、歯肉保護ジェルを塗布します。

次のステップ

step4. ホワイトニング剤塗布〜光照射

ホワイトニング剤塗布〜光照射
ホワイトニング剤を歯に塗布し、ホワイトニング効果を高める体に無害な光を照射します。

次のステップ

step5. 色のチェック〜終了

色のチェック〜終了
歯の色の変化を確認し、ご希望の白さになったらホワイトニングは終了です。

次のステップ

step6. タッチアップ

タッチアップ
色の後戻りが起こってくるため、白さを保つために定期的、もしくは患者様が気になったタイミングでタッチアップ(再ホワイトニング)を行います。

メリット・注意点

メリット

歯を削らない
歯を削ってセラミックで歯を白く見せる方法もありますが、ホワイトニングは、歯を削らずに、歯の着色原因となっている有機物を分解することで歯を白くしていくことができます。
歯にダメージを与えない
ホワイトニングでは歯を削る必要がありません。また、歯を白くする薬剤も、使用方法を守れば歯や体にダメージ、害を及ぼすことがないので、健康的に歯を白くすることができます。
効果が高い
エステサロンなどで行われているようなホワイトニングは、歯の表面の汚れにしか作用しませんが、歯科のホワイトニングは内部に入り込んだ色素まで分解できるため、効果が高いのが特徴です。
自分の歯の良さを生かせる
歯を削る必要がなく、歯の色そのものを白くすることができますので、ご自分の歯の自然な良さを生かすことができます。
見た目の印象が若々しく
歯の色は加齢によって黄ばんでいきます。そのため歯が黄色いと老けて見える原因となります。ホワイトニングで歯が白くなることで、見た目も若々しく見える効果があります。

注意点

施術中にしみることがある
元々知覚過敏のある方、歯茎が下がっている方や歯に細かい亀裂が入っている方の場合、通常のホワイトニングだと施術中にしみることがあります。このような方にはホワイトニング(マイルド)、もしくはホームホワイトニングがおすすめです。
人工物は白くできない
ホワイトニングは、天然歯の着色・変色に対して効果を発揮する治療法です。人工物の変色には効果がありません。人工物の変色に対してはセラミックによる治療をおすすめします。
神経を取った歯の変色には効果なし
神経を取った歯は変色しますが、その変色は歯の内部から起こります。ホワイトニングでは歯の外側から白くしていきますので、神経を取った歯の変色には効果を発揮しません。
重度の変色には十分な効果が出ない
ホワイトニングは軽度〜中等度の変色に対して効果を示します。重度の変色の場合には十分な効果が出ない場合があります。
保険適用ではない
ホワイトニングは審美を目的とした治療であるため、現在の保険制度では保険が適用されません。

よくあるご質問

ホワイトニング効果はどのくらい続きますか?開く
効果の長さは人それぞれですが、定期的に行うことで白さを維持できます。
ホワイトニングの白さの持続期間は食生活や生活習慣、変色の原因などによっても異なるため個人差があり、一概には言えません。ですが、定期的に再ホワイトニングを行うことにより、白さを維持していくことができます。
ホワイトニング時には痛みが出ますか?開く
人によっては知覚過敏のような症状を一時的に感じることがあります。
ホワイトニングで痛みを感じる、ということは通常はありませんが、知覚過敏のある方は、ホワイトニング中や直後に一過性の知覚過敏を起こすことがあります。知覚過敏が気になる方はホームホワイトニングがおすすめです。
白くなるまでにはどのくらいの期間がかかりますか?開く
オフィスホワイトニングでは1回の施術でも効果が見られます。
オフィスホワイトニングの場合、1回の施術で満足のいく方もいらっしゃいますが、多くの場合、2、3回程度の施術が必要になるケースが多いようです。
ホームホワイトニングは効果がゆっくりと現れますので、効果を感じるのに2週間程度かかることが多いようです。白さのご希望に応じて、ホワイトニングジェルを追加しながら、期間の調整はご自由に延長していただけます。

料金について

歯の状態、ご希望により2段階の料金設定をご用意しています
ホワイトニング(マイルド)
ホワイトニング
5万円(5.5万円)/1回
通常より低刺激タイプのホワイトニング剤を用います。歯周病で歯肉が下がった方や、あまり白くしすぎたくない方、お試しを希望される方、既にホワイトインングされている方のタッチアップにお勧めしています。
ホワイトニング
ホワイトニング
10万円(11万円)/1回
なるべく白くしたい方向けのホワイトニングです。歯周病など他疾患の管理が十分な方にお勧めしています。芸能人のような白さを求める方は、本治療を平均2回ほど行います。
診療案内
お電話でお問い合わせ
よくあるご質問