インプラントコラム

歯科恐怖症の方でも安心してインプラントが受けられる

噛めなくて困っているけれども、歯科治療に恐怖感や不安感をお持ちで、インプラントをためらっている方もいらっしゃるかもしれません。ですが当院では、そういったお悩みをお持ちの方でも安心してインプラント手術が受けられるように、「静脈鎮静法」というリラックス麻酔を行なっています。

静脈内鎮静法とは

intravenous_sedation_01

静脈内鎮静法というのは、麻酔の一種ですが、歯科治療で通常用いる歯茎に打つ局所麻酔とは異なり、腕の静脈に点滴という形で行います。点滴を行うことで、体がリラックスした状態となり、半分眠っているようなウトウトした気持ちの良い状態になります。全身麻酔の場合は、完全に意識がなくなりますが、静脈内鎮静法の場合は、意識を保ったまま、意思疎通ができる状態で、恐怖感や不安感を感じずに落ち着いて手術を受けることができます。

恐怖や不安で緊張してしまいやすい方は、脈拍や血圧にも変調をきたしやすく、それが手術の妨げになってしまうこともあるため、そういった意味でも静脈内鎮静法で精神的に落ち着いて手術を受けられるのは大きなメリットがあります。全身疾患をお持ちの方には、リスクを下げるために特にお勧めです。

静脈内鎮静法をおすすめする方

◆歯科恐怖症の方

歯科治療に対して恐怖感の強い方、また手術に関して不安のある方は、静脈内鎮静法により、不安や恐怖を感じることなく手術を受けていただくことができます。

◆全身疾患(心臓病や高血圧)がある方

循環器疾患のある方、高血圧の方は、手術に対する不安などで体調が大きく変化することがあります。静脈内鎮静法なら、不安を感じずに安定した体調で手術が受けられ、またモニターで全身状態を管理できますので、安心です。

◆嘔吐反射の強い方

お口の中に物が入るとすぐにオエッとなってしまう方は、多くの場合その奥に歯科への不安感があることが多いものです。静脈内鎮静法を行うことでそのような反応も抑え、快適に治療を受けることができます。

◆インプラントの手術時間が長くかかる方

インプラントの本数が多いケース、また同時に骨の移植を行うケースでは、手術時間が長めにかかります。このようなケースで心身への負担を軽くするためにも静脈内鎮静法はおすすめです。

静脈内鎮静法の注意事項

intravenous_sedation_02

当日は、術者が顔色などからも体調を客観的に判断できるようにという目的、また、手術時の衛生面での観点からも、女性の方はなるべくお化粧は控え、口紅も落としておいてください。静脈内麻酔の効果は手術後には切れていきますが、しばらく院内でお休みいただき、体調が十分に回復したのを確認したのちにご帰宅いただきます。ただし、車や自転車などの運転は、当日はお控えいただきますので、ご家族の方に迎えにきていただくか、タクシーなどをご利用ください。

また、もちろんインプラント手術を行なっていますので、当日は安静にしていただき、激しい運動や飲酒、入浴などもお控えください。

当院では多くの方が静脈内鎮静法で快適にインプラント治療を受けられています。これまで手術への恐怖感などからインプラントをためらっていた方でも、静脈内鎮静法を行うことで快適に治療を受けていただくことができます。興味のある方はお気軽に当院までお問い合わせください。

この記事もよく読まれています!
Instagram