愛知県名古屋市でインプラント治療なら専門医在籍の吉岡歯科医院へ

歯を白くする方法の選び方

歯を白くする方法はいくつかあり、主にクラウン治療、ダイレクトボンディング治療、ホワイトニング治療があります。
ここでは、それぞれの治療の概要と、選択基準をご紹介します。

セラミッククラウン

歯牙全体を削って、白い人工の歯を被せます。360°全面を人工材料で作るので、仕上がりは最も美しくコントロールすることが可能です。

ダイレクトボンディング

小規模な虫歯や小規模な銀の詰め物に対して、局所的に歯を削り、白い材料で修復を行います。歯牙の削除が最小限で済むため、歯に優しい治療といえます。

ホワイトニング

歯が健康な状態であり、単純に色のトーンアップを図りたい場合、ホワイトニングは最も効果的と言えるでしょう。薬剤の化学反応を用いて、歯の色を白くします。


ポイント1 健全歯質の残存量

健康な歯はホワイトニング

全く歯に問題がなく、ただ色を白くしたいという方と、虫歯で歯がボロボロで、治療のついでに最終完成品を白くしたい方とでは、健全な歯の残存量が著しく異なります。基本的に健康な歯はなるべく削らない方が歯の寿命に良いので、健康な歯の場合はホワイトニング治療が第1選択候補となります。

浅い虫歯はダイレクトボンディング

次に、虫歯があったり、一部昔の修復物が残存している場合です。虫歯や昔の修復物を取り除き、残存するご自身の歯が十分に残っている場合は、追加で歯を削る量が少ないダイレクトボンディング治療が第1選択候補となります。

深い虫歯はセラミッククラウン

次に、虫歯がひどかったり、神経を取る処置がしてあったり、すでに銀歯などかぶせ物がかぶっている歯の場合です。この場合はクラウン治療が第1選択候補となります。

C1:エナメル質う蝕

エナメル質に限局した初期の虫歯を呼びます。痛むことはないので、患者様はあまり気がつきません。初期の虫歯の場合、再石灰化の可能性や、治療により削除する歯質の方が多い可能性を考えて、経過観察となることもあります。

ホワイトニング・ダイレクトボンディング

この状態でホワイトニングは可能ですが、虫歯の部位はしばしば「白濁」といい、歯の色味が限局して異なることがありますので、そこまでこだわって綺麗にされたい方は、ダイレクトボンディングを併用して治療を行います。

C2:象牙質う蝕

象牙質に到達した虫歯です。このステージでは症状が多彩です。全く痛みを感じない状況から、徐々に冷たい水にしみたりします。そのうち何もしていなくても痛むことが出てきます。この段階では確実に治療を行い、これ以上の虫歯の進行を食い止めることが大切です。

ダイレクトボンディング・セラミッククラウン

軽度のものであれば、ダイレクトボンディングで白胃状態で治療を行えますが、虫歯の範囲が広範囲だと、ダイレクトボンディングを行なっても強度の問題で短期的に破損する可能性が出てきます。そのような場合はセラミッククラウン治療が良いでしょう。

C3:露髄を伴うう蝕

歯髄に到達した虫歯です。多くの場合で患者様は痛みを自覚されます。何もしていなくても痛み、日常生活に支障が出ます。確実に治療が必要です。神経の治療は大変精密であり、治療期間も長期化します。

セラミッククラウン

歯の神経の処置を行うと、歯質は大量に失われます。失われた強度を補強するためにはクラウン治療が必要です。虫歯や治療による削除で失われた歯質が著しく多い場合には、残念ながら強度を補強しきれず、抜歯せざるを得ない場合もでてきます。

C4:歯冠崩壊

歯冠崩壊と呼ばれ、歯の状部がほとんどなくなった状態となります。歯の神経はとうに死活しており患者様は痛みを感じないので、しばしば放置しこのような状態に至ります。このような状態では、残念ながらこの歯を利用して機能再建を行うことは不可能です。抜歯をし、インプラントやセラミックブリッジなどで再建を図ります。

セラミックブリッジ・インプラント

セラミックブリッジとは、抜歯された両隣の歯も削って、3本以上の連続した人工物をかぶせることです。外観はとても美しく仕上がります。両隣の歯を削ることを嫌う場合は、インプラント治療を行います。吉岡歯科医院ではインプラントでも白い歯を入れています。詳しくはインプラントのページをご覧ください。


ポイント2 美しさへの要求度

それぞれの治療では得られる美しさが異なりますので、ご自身がどこまでの完成度を求められるのかよく考えておく必要があります。例えば、ホワイトニングの場合、薬剤により全体的なトーンアップが図れます。歯の色が均質な方であればトーンアップのみで十分な美しさが得られますが、元々歯の色がバラバラであったり、歯に縞模様や斑点模様がある方は、トーンアップをしても、ばらつきは残存したままとなります。それでご満足なさるかは、患者様の美しさへの要求度次第となります。もし個々の歯の色のばらつきや斑点を消したいのであれば、クラウン治療でもって歯全体を均質な材料で覆い隠すしかありません。

ダイレクトボンディングは部分的に白い材料を詰めます。白い材料できれいに仕上がりますが、厳密にに天然の歯と同じ色を再現することは不可能です。一見きれいに仕上がりますので、ほとんどの方にご満足いただけますが、より限界まで美しさを求める方はクラウン治療で歯全体を覆うしかありません。

ホワイトニングでも十分綺麗!

下の写真をよく見ると、ホワイトニングの術前も術後も、歯の表面に横スジの縞模様があります。模様がない方、あっても特に気にされていない方であれば、トーンアップを行うだけでも十分美しさを実感していただけると思います。

一方で、特定の歯の特定の色でお悩みの方にとっては、ホワイトニングは適切な解決策ではないかもしれません。そのような場合はクラウン治療の方が、より歯の色を積極的にコントロールできるのでオススメです。

不均一な歯の模様や色をガラッと変えたいならセラミッククラウン

下の写真の方は、体の病気の影響により、生まれつき全ての歯の色、模様、形が異常となっています。将来歯科治療をしようと、あご骨の成長が完了する成人になるまでずっと我慢をしてきたそうです。このような方の場合、何度ホワイトニングをしても、色は日本人の平均以下の白さまでが限界でしょうし、縞模様や歯の形を治すことはできません。

そこで、患者様と相談の上、外観上影響の強い前歯から中心に、上下左右5本分合わせて20本の歯を白いセラミックの歯で修復を行いました。当院では通常もう少し透明感と黄色みのあるナチュラルな歯を用いていますが、この症例では、患者様の白い歯への憧れもあり、日本人の平均的な歯と比較し、圧倒的に白い歯を入れることになりました。

ナチュラルから芸能人まで。色のコントロールならセラミッククラウン

下の症例は歯ぎしりですり減って形が変になってしまっていたり、古い修復物だらけで汚かったりしたお口を、セラミッククラウンで綺麗にした症例です。上の症例に比べてセラミッククラウンの色がよりナチュラルであることがわかると思います。このように、セラミッククラウンは一様ではなく、患者様のお好みによって、ある程度自由にデザインできます。

形を変えたいならセラミッククラウン

歯並びを矯正治療を行わずにクラウンによって、ある程度変更することができます。歯並びの改善は可能な限り歯列矯正治療を行なうことが第一選択で、矯正治療の方が歯には優しいです。しかし、矯正治療の限界や、治療期間、費用の問題があり、セラミッククラウンによって修正した方が患者様にとって利便性がある場合もあります。

そこで、患者様と相談の上、セラミッククラウンによって上の前歯6本分をセラミッククラウンにて治療しました。ポイントは下の前歯との噛み合わせや色の調和です。下の前歯は一切変えていませんが、上のセラミッククラウンと色調が調和しているので、形をダイナミックに変更したにも関わらず、どこが人工のセラミッククラウンかわからないほどです。このような治療はセラミッククラウンだからこそ可能です。


ポイント3 長期安定性

治療効果がいつまで持続するかはそれぞれ異なります。ホワイトニングは後戻りと呼ばれる現象があり、治療直後が最も白く、その後数ヶ月間から数年と人により大きなばらつきがありますが、徐々に昔の色に戻っていきます。長期に白さを維持されたい方は、定期的にホワイトニングを繰り返されます。ダイレクトボンディングは当初は美しいのですが、徐々に天然歯と白い修復物の間の境界線に着色を生じたり、白い修復物自体が水分やヤニを吸収して劣化し、色が黄色っぽくなっていきます。長期に美しさを維持されたい方は、数年でやり直しをされることが一般的です。一方で、クラウン治療はセラミック材料を用いた場合、その白さは人間の寿命以上には安定しますので、永久に白さが保たれます。黄色くなったと感じられた場合でも、表面に汚れがついているだけですので、お掃除を行えば当初の白さと変わらない白さが維持できます。ただし、クラウン治療は削っている歯の量が多いので、クラウンの問題ではなく、土台となっている歯に問題が生じてしまうことがしばしばあります。結果として数年〜数十年と寿命に大きなばらつきがあります。


大切なことはご自身の価値観を見直すこと

歯を白くする行為は医療行為であり、美容院やエステ感覚で行う物ではありません。いずれの選択肢も効果の限界、利欠点、将来の出費予想があります。それぞれの治療をよく知っていただき、その上でご自身の価値観を再度見つめ直していただき、納得のうえご選択ください。