愛知県名古屋市の歯医者、吉岡歯科医院

インビザライン®矯正

インビザライン®矯正

透明マウスピース矯正で他人に気付かれず美しく、健康的な歯並びに
最近では歯並びを健康的に治したい、希望される方が増えており、大人になってから矯正する方が多く見られます。かつての矯正治療といえば、目立つ、装置が邪魔、というようなネガティブなイメージがありましたが、現在では透明な取り外し可能なマウスピースで見た目を気にせず、快適に矯正治療ができるようになりました。

矯正装置

インビザライン®(マウスピース型矯正装置)はこんな方におすすめ

矯正装置
  1. ・矯正していることをなるべく周囲に気づかれたくない方
  2. ・金属アレルギーが心配な方
  3. ・歯の表面に装置をつけたくない方
  4. ・矯正中でも食事を楽しみたい方
  5. ・激しいスポーツ、管楽器の演奏をする方
  6. ・決められた通りにマウスピースを装着できる方
  7. ・歯並びを健康的になおしたい方

インビザライン®(マウスピース型矯正装置)は、どんな矯正?

薄い透明なマウスピースを装着するだけ

矯正装置

薄い透明な医療用プラスチックのマウスピースを装着するだけで歯を少しずつ動かしていくことができる、新しい矯正治療法です。

従来の矯正治療の難点であった、「目立つ」、「装置が当たって痛い」というようなことがないため、これまで矯正治療に抵抗があった方でも気軽に健康的に美しい歯並びにすることが可能になりました。

新しい矯正法でも、実は歴史と実績の裏付けがある確かな治療法

新しい矯正システムですが、その技術開発はかねてより行われてきた歴史と実績ある治療法です。近年ではデジタル技術の革新によって、歯の移動距離の予測が正確に行えるようになり、実際の患者様の治療に反映できるようになりました。

インビザライン®(マウスピース型矯正装置)治療の流れ

STEP1. カウンセリング

カウンセリング
  1. 歯並びの悩み・疑問をヒアリング
  2. マウスピース矯正の治療内容、メリット・デメリット、費用などのご説明
  3. 簡単な見通しのご説明

STEP2. 精密検査

精密検査
  1. レントゲン検査(口内法、セファロ、CT)
  2. 3次元スキャナー検査
  3. お顔、口腔内の写真検査

STEP3. 治療計画のご説明

治療計画のご説明
  1. あなただけのオーダーメイドプランをご説明します。
  2. より具体的な治療手順、治療に伴うリスク、費用、追加治療の見通しについてご説明します。

STEP4. 矯正治療スタート!

矯正治療スタート
  1. 貴方だけのオーダーメイドのマウスピースを装着します。
  2. 装置の使用方法、注意事項をご説明します。
  3. 治療後には、治療結果を維持するため、リテーナーの装着が推奨されています。

従来の治療と比べ、多くのメリットがあります

治療期間中も目立ちにくい

マウスピース型矯正装置の取り付け

歯の裏側にワイヤーを装着し、外から見えないように行う裏側矯正(舌側矯正)というものも存在しますが、外側から見えない一方で、装置が舌のある空間に位置してしまうことで、発音の邪魔になる、違和感が強い、というような不快感の問題が残ってしまいます。

インビザライン®(マウスピース型矯正装置)の矯正治療は、厚みわずか0.5ミリの透明なプラスチック製マウスピースを使います。口の中に装着すると、その自然な見た目に多くの方が驚かれます。そのため、これまで外観への抵抗感から矯正治療に踏み出せなかった方に是非一度検討していただきたい治療法です。

痛くなりにくい快適な使用感

従来のワイヤーを用いた矯正治療のデメリットは見た目だけではありません。歯の表面に装置の凸凹がズラッと並ぶため、装置が唇や頬の裏に擦れてしまったり、時には刺さってしまうこともあります。そしてそれが原因となり、口内炎を頻繁に作ってしまうことも珍しくありません。

虫歯になりにくく、お手入れが簡単

矯正装置の取り付け

マウスピースを用いるインビザライン®システム(マウスピース型矯正装置)では、患者様が装置を外して歯磨きすることができ、今まで通り歯磨きをすれば良いので、虫歯のリスクが高まることがありません。また、10〜14日後に新しいマウスピース装置と交換しますので、装置自体も非常に清潔です。

金属アレルギーを起こさない

ワイヤーを使用する従来の矯正方法の場合、どうしても金属製のワイヤーによる金属アレルギーを引き起こす可能性がありました。ですが、インビザライン®で使用するマウスピース型矯正装置は、体に無害な医療用プラスチックを使っていますので、アレルギーなどの心配もありません。

食事で我慢をする必要がない

矯正装置

インビザライン®のマウスピースは、食事の時には外しますので、食べたいものを我慢する必要も、外食時に人目を気にする必要もありません。

ただし、知っておいて欲しいこともあります

アタッチメント・IPR

アタッチメント・IPR
歯をスムーズに動かすため、治療期間を短くするために、歯の表面にアタッチメント(歯の表面につける白い小さな突起)の装着や、IPR(歯と歯の間をわずかに削り、歯の横幅を小さくする)といった処置を行う場合があります。叢生の方ほど、IPRの処置が多くなります。

計画修正・マウスピースの再製作

計画修正・マウスピースの再製作
万が一、インビザラインの治療経過が計画通りにいかなくなった場合、計画修正、マウスピースの再製作を行った方が良い場合があります。

患者様が使わないと治療が進まない

患者様が使わないと治療が進まない
マウスピース矯正は、装置を外せるのが便利な反面、ご自分でしっかりと管理をして1日に決められた時間装着していただかなければ歯が動かないため、注意が必要です。インビザラインの場合、1日に20時間以上のマウスピースの装着が必要です。

マウスピース以外の装置を使うことも

マウスピース以外の装置を使うことも
歯の移動を助け、より理想的な歯並びや噛み合わせを作り上げるために、矯正用のミニインプラントや顎間ゴム(エラスティックス)といったマウスピース以外の装置を使用して治療を進めていくこともあります。

歯並びを整えることで歯の寿命・インプラントの寿命も延びる

歯並びが悪いと、磨き残しが多く出てしまうため、虫歯や歯周病のリスクが大幅に高まります。つまり、健康な歯を維持するためには、歯並びの良し悪しが大きく関わってきます。

当院では極力患者様の歯の寿命を延ばせるような治療を行なっています。将来的に歯を失ってインプラントを行う場合にも、歯並び・噛み合わせが良い状態の方が、インプラントが長持ちしやすくなりますし、そもそも歯並びや噛み合わせが良いと体の健康にも多くのメリットがあります。