医院案内

矯正治療費と症例

矯正治療費を比較すると

歯を失う原因
吉岡歯科医院なら!
元々インプラント手術や噛み合せ治療、矯正治療など、顎全体を治す、難しい治療の経験が豊富な医院です。
30年以上の歴史があり、将来もこの地で末永いお付合いが出来れば幸いです。
良心的な価格設定を維持しています。

症例 :八重歯を非抜歯で治療したケース

治療前

歯を失う原因

治療後

歯を失う原因

治療期間:2年半25枚(マウスピース25枚)
25歳女性の患者様で、歯のがたつきと右上の八重歯を主訴に当院にご来院されました。治療前は、ご覧の通り歯並びが狭くなっていて、歯が適正な位置に収まっていない状態でした。インビザラインのマウスピースで歯並びの大きさを適正な大きさに広げてスペースを作り出すことで、非抜歯での矯正治療が可能となり、患者様にも大変満足していただくことができました。

リスク・副作用など

  1. 初期の頃に発音しにくく感じることがあります。
  2. マウスピース装置の装着時に、歯が動く際の不快感や違和感を感じる場合があります。
  3. 歯並びが整うことで歯茎が多少下がることがあります。
  4. マウスピース装置は1日に20時間以上装着しないと計画通りに治療が進まないことがあります。
  5. お口に装着したままの飲食や、間違ったお手入れ方法をすると、装置が変形または破損する場合があります。
  6. 治療後に保定装置を装着しないと、歯が後戻りをすることがあります。

インプラントコラム
コラムを読む
Instagram