愛知県名古屋市でインプラント治療なら専門医在籍の吉岡歯科医院へ

インプラント専門医 吉岡歯科医院院長 吉岡喜久雄

私は院長の吉岡喜久雄です。
私は昭和35年生の58才です。
このサイトは実は院長である私と、息子がへろへろになって作っています。当院のサイトは昔から自作で、素人の作ですので、かなりいい加減で、かっこ悪いですが、お許し下さい。

余談ですが、長男は岐阜大学を卒業した医師で次男は愛知学院大学歯学部にを卒業した歯科医師です。次男は現在吉岡歯科医院に勤務しており、副院長として全患者様の治療品質の責任者と、インプラント手術を担当しています。親バカではありますが、次男は中学高校と私立東海高校に進学しており、特待生に選定され卒業式においては成績優秀者として壇上で表彰されました。治療の手技も世界で通用するレベルには上達しました。治療品質と倫理観、思考能力は、すでにいつ私がいなくなっても大丈夫な状態です。院長の私が居なくなっても、皆様のお口の健康は、彼を初めとする優秀なスタッフからなる吉岡歯科医院がお守りいたしますので、安心してください。

経歴

昭和54年 愛知県立明和高等学校卒業
昭和60年 朝日大学歯学部卒業
昭和60年 栗崎歯科医院勤務
昭和62年 佐藤歯科医院勤務
平成元年 吉岡歯科医院開院

所属団体

  • 愛知学院大学歯学部インプラント科
  • 中部労災病院嘱託医
  • 朝日大学付属病院歯周病科非常勤講師
  • DGZIインプラント認定医
  • ノーベルバイオケア社インプラントインストラクター
  • Biomet3i社インプラントインストラクター
  • デンツプライ社インプラントインストラクター
  • GCインプラントセミナー講師
  • ヨシダ シムプラント講習会講師
  • AIAI(ACADEMY OF INTERNATIONAL ADVANCED IMPLANTOLOGY)インプラント認定医(旧GOIA)
  • (American Academy of Pediatrics)米国歯周病学会会員
  • AO(Academy of Osseointegration)米国 インプラント学会会員
  • EAO(European Association for Osseointegration)ヨーロッパインプラント学会会員
  • OSSEOINTEGRATION STUDY CLUB OF JAPAN会員
  • 日本歯科医師会会員
  • 中川区歯科医師会学術部所属
  • DNA保管事業認定採取医
  • 日本口腔インプラント学会会員
  • 日本ヘルスケア歯科研究会会員
  • 日本臨床歯周病学会会員
  • TOS(東海オッセオインテグレーションソサエティー)会員
  • インプラントを考える会会員

トップインプラントメーカー公認インストラクターとして評価された実力

現在の私は愛知県名古屋市の吉岡歯科医院でインプラント埋入手術を担当しているだけでなく、母校の朝日大学歯周病科において非常勤講師として歯周病科の医局員にインプラント治療の教育をしています。また、インプラントメーカーとしては世界最大大手メーカーであるストローマン社、ZIMMER-BIOMET社、NEOSSインプラント社、デンツプライシロナ社(アンキロスインプラント)BioHorizonsインプラント社の公認インストラクターです。インプラントシュミレーションソフトとしては世界最大大手の「シンプラント」の講師として、日本の歯科メーカーとしてはCT国内最大シェアのヨシダのCTの認定講師として、歯科医師に対するインプラント治療の講演教育活動をしています。

また、長年のインプラント治療の実績を歯科大手出版社から評価いただき、クインテッセンス出版、医歯薬出版、デンタルダイヤモンド社から歯科医師を対象としたインプラントについての執筆依頼により原稿、レントゲン、写真を提供して、インプラントを行う歯科医師のレベルアップに貢献しています。


インプラント吉岡歯科医院 副院長 吉岡登史彰

副院長の吉岡登史彰です。

これまで院長とお付き合いいただいた30年来の患者様から、これから出会う全ての患者様まで、全ての患者様の治療品質を監督する立場として、精一杯努めて参りますのでよろしくお願いいたします。

まだまだ若い私ですが、子供の頃からこの医院と共にありました。就学前から家でのお手伝いは、患者様の顔に掛けるタオルを洗濯して綺麗にたたむこと。小学校時代も、休日は父である院長とともに床の大理石を磨いたり、外壁を高圧洗浄機で洗ったりしていました。中学生の頃より、このホームページのテクニカルな部分は私が担当しています。消耗品の買い出しも学校の帰りに行っていました。吉岡歯科医院は父である院長にとっては子供のような存在ですが、私にとっては兄弟のような存在です。医院にはとてもお世話になってきましたし、同時にスタッフの一人として子供の頃から医院を支えてきた自負もあります。この医院とともに成長し、皆様のおかげさまで今日まで参りました。

中学高校は東海中学・東海高校、大学は愛知学院大学歯学部を卒業し、名古屋生まれの名古屋育ちです。中学時代は演劇部、高校時代は映画研究部に所属していました。芸能人や役者よりもその周辺を支える舞台美術、映像制作が好きでした。イベント業や広告業など、人をワクワクさせるような企画と制作物が大好きでした。

大学時代に「吉岡歯科医院」が業界内でいかに有名であったか知ることになります。私にとってそれはプレッシャーに感じることもありました。父や医院の名を汚さぬよう特待生を取ったり、卒業時も成績優秀者として表彰を受けました。皆様にがっかりされないような歯科医師としてデビューをしようと必死でした。

歯科医師となり、医院の名に恥じぬよう高品質でより確実な医療の提供を目指し努力を重ねてきましたが、その中で「患者様をワクワクさせる治療」があることは大きな発見でした。インプラントや審美治療は単に疾患の治療はなく、積極的な機能の獲得や自己実現の可能性を持っています。当院に訪れた患者様が単に痛みが無くなったり噛めるようになるだけで無く、より社交的な生活が送れるようになったり、グルメを楽しめるようになるなどライフスタイルの楽しみが増えれば素敵だなと思っています。患者様の皆様には治療の不安を解消し、一緒に将来への期待感や向上感を実感していただけるような、そんな明るい医療を提供できればと考えています。

近年では若手歯科医師を対象としたインプラントセミナーをほぼ無償で主催し、地域のインプラント治療品質の底上げを図ろうという社会貢献活動をしています。私が50代になる頃には、誰もが正しく安全なインプラント治療を受けれるようになれば素敵だなと思い、活動をしています。

患者様が当院の外観の絵画を寄贈してくださいました。歯科治療をきっかけに、ただ病気を治すだけでなく、より充実したライフスタイルを楽しめるようになっていただければ素敵だなと考えています。

私が主催しているインプラントセミナーです。私は同世代の歯科医師から毎日インプラントの相談をうけるので、思い切ってセミナーとしました。将来の地域の皆様と歯科業界の健全化のため、ほとんど無償で活動しています。

世界のインプラント首脳陣と共に
より良い治療結果を目指しています。

2012年11月3日
昨日は世界第4位の巨大インプラントメーカーBiomet3i(現ZIMMER-BIOMET社)のCEOのマギーが日本法人社長のウエイン氏と当院を表敬訪問に訪れました。

2013年2月17日
バイオホライズンズインプラントのレーザーロックのインプラント表面を開発したDr.Jack Ricci氏と会いました。

2013年4月8日
Biomet3i(現ZIMMER-BIOMET社)の嶋田社長が表敬法訪問に当院を訪れました。

2013年5月9日
今日はアンキロスインプラントの開発者Dr.Nentwig先生の話を聞きました。

2013年5月14日
昨日は医院にはアメリカからバイオホライズンズインプラント社の副社長のブレッド・ケブハート氏が表敬訪問に現れました。

2013年6月12日
昨日は医院にはデンツプラIHという世界第3位のインプラントメーカーの社長の小野田氏が表敬訪問に現れました。

2013年10月6日
ソニア・レジー先生 ブラーム・ミラー先生御夫婦と食事をしました。

2013年10月18日
インプラント業界では世界ナンバー1の売り上げとシェアを誇るストローマン社の日本法人の嶋田社長と会談しました。


インプラント吉岡歯科医院のスタッフ紹介

歯科医師 神谷龍一

愛知県生まれの歯科医師です。実家が歯科医院で、2代目として医院を継ぐ前に、インプラントを中心とした全顎的な治療を実践すべく、当院で日夜修行しています。歯の治療も、インプラント治療も、腕前はエキスパートと言えるところまで来ていますが、彼はもっと上を目指せる人物ですので、さらに修行していただきたいと思っています。

歯科医師 実藤和典

実家のお父様が自由診療専門で歯科治療を行なっている大変ご高名な先生のご子息です。吉岡歯科医院もインプラントをはじめとした自由診療が中心の歯科医院ですが、重要なのは保険の有無ではなく卓越した技術と倫理観の有無です。彼は当院に技術と心を学ぶべくわざわざ大阪から修行に来てくれました。国立大出身で、成績優秀で、心も清らかな歯科医師です。

歯科衛生士 平田早希

衛生士学校卒業以来ずっと当院で働いてくれています。若くしてインプラント治療患者さんを数多く診ていますので、一般的な歯科医師よりもインプラント治療に精通しています。インプラントを長年使っていく中で生じるトラブルについて熟知していますので、何でもご相談ください。

歯科衛生士 伊藤友里

自ら積極的に外部の勉強会へも足を運ぶなど、大変勤勉で真面目な衛生士です。細かなところに気づき、徹底的に汚れを追い払う姿勢にいつも感服します。どんな些細なことでも結構ですので、ぜひご相談ください。

歯科助手

鵜飼美沙 前嶋ゆきみ 早川風花 工藤里恵


インプラント吉岡歯科医院のスタッフ教育

吉岡歯科医院のスタッフは各種研修会に参加することはもちろん、中部労災病院の口腔外科・インプラント科の鈴木部長の厳しいトレーニングの元、鍛えられています。私、院長の吉岡喜久雄は嘱託医として毎週、中部労災病院のインプラントチームのスタッフとして勤務しています。

上記の写真は手術前に本日の手術の術前カンファレンスをしている鈴木部長です。後ろのドクターは右から名鉄病院の奥村先生、中部労災病院の西川先生、病診連携医の山田先生、私の旧友の伊藤先生、西川先生の後輩の木崎先生、中部労災病院の藤田先生です。

今回の手術には、吉岡歯科医院の歯科医師2名と歯科衛生士と歯科技工士4名が全身麻酔下におけるインプラント手術に参加しました。

一番左で手術用の顕微鏡をかけて、熊のように見えるのが、私、吉岡喜久雄です。右でマスクの紐を結んでもらっているのは吉岡歯科医院の代診です。彼は朝日大学の歯周病科に5年残っていましたが、自分で開業する前にインプラントを学びたいとのことで当院の門をたたきました。二人の間にいるピンクの手術下着の2人は吉岡歯科医院の歯科衛生士です。

中部労災病院口腔外科部長の鈴木先生です。手術着のマスクの結び方が悪いということでご指導いただきました。

中部労災病院の手術室です。正面でカメラ目線の怪しい眼鏡をしているのが吉岡喜久雄で、隣が吉岡歯科医院の代診、背中を見せているのが鈴木部長です。

本日は頸骨移植によるサイナスリフトなので脛骨チームと口腔チームに分かれて同時にスタートします。

全身麻酔は麻酔科の医師が担当し、現在経鼻挿管して麻酔を導入しているところです。この写真で自分の腹を見てびっくりしました。

吉岡歯科医院の代診です。執刀医の手技だけでなく、周りのスタッフの連携や、手術室内の機材の扱い方など、手術の全てを自らの目で見て学ばせます。

吉岡歯科医院の歯科衛生士2人です。歯科衛生士は歯科医療には欠かせない大切なスタッフです。

手術も佳境となってきました。患者様の周囲には多くのスタッフがひしめき合い、各人が的確なサポートをしてくれています。

上の中央は全身麻酔下のインプラント手術で鈎持ちをする当院のドクター

3時間に及ぶ手術が無事終わりました。ほっとしています。

右が私吉岡喜久雄で左が吉岡歯科医院のドクターです。

カメラ目線の吉岡歯科医院の衛生士

本日の研修に参加した吉岡歯科医院のスタッフ、他のスタッフも以前から同様の研修を受けています。ちなみに右端のドクターは毎週木曜日にここの病院で研修しています。