愛知県名古屋市でインプラント治療なら専門医在籍の吉岡歯科医院へ

吉岡歯科医院の虫歯の治療

虫歯の治療は材料の進歩で大きく変りました。虫歯菌に侵された部分だけ削り取って、接着剤を塗り、歯と同じ色をした樹脂を詰めれば完成です。従来は治療する為に虫歯菌に侵されていない健康な部分まで削り取る必要があったのです。
悪い部分を取り除き修復する為に、多くの健康な部分を削らなければならないというのは、歯科医師として屈辱的なことでした。現在はかなりの大きさの虫歯でも、接着技術によって、樹脂で見た目がきれいな状態に修復することが可能です。

現在の治療法

治療前の状態です。

虫歯と思われる部分を削り取った後、取り残しが無いか齲蝕検知液で確認します。

水で洗って赤く染まっている部分は虫歯の取り残しです。
この確認作業が重要です。

虫歯を完全に取り除いた状態です。
歯髄(神経)までの距離は0.5ミリもありません。

樹脂を詰めやすいように、枠を作ります。

接着材が着きやすいように歯面の薬剤処理をします。

接着剤を塗り、樹脂を詰め、硬化させます。

枠を外し、形を整え、研摩して終わりです。

従来からの治療法(インレー)

虫歯をアンダーカットがないように上開きに削ります。

次に、金属をセメントで接着して修復します。

この従来からの治療法をインレーと言いますが、現在の方法よりも多くのデメリットがあるため、吉岡歯科医院ではあまり行いません。

具体的に言いますと、健全な部分も削らなくてはならなかったり、金属なので見た目が悪かったり、来院回数が増えたりなどです。