インプラントコラム

状態の悪い歯を無理やり残すと起こること

歯を抜く、ということに抵抗を感じる人は多いことでしょう。最近では、「なるべく抜かない治療」というのを売りにしている歯科医院も多くあるようですが、中には抜かないことがかえってデメリットになり、トラブルを起こしてしまう場合というのもあります。

つまり、歯を抜くかどうかの見極めというのはとても大事であり、当院では残しておくことがデメリットにしかならない場合には無理に残すことをせず、抜歯をおすすめしています。

今回は、状態の悪い歯を残すと起こりうるリスク、そして、どのようなどのようなケースで抜歯がすすめられるかについてご紹介します。

状態の悪い歯を無理に残すと起こるリスク

dental_extraction_01

状態の悪い歯を無理に残すと、次のようなリスクがあります。

歯の周囲の骨がなくなってしまう

重度の歯周病や、歯根の割れている歯といった状態の悪い歯を抜かずに放置していると、その周囲の骨はどんどん溶かされていってしまいます。

そもそも、そのような状態になっている歯というのは、まともに噛むこともできません。そのような状態の歯を抜かずにとっておいても、噛めないだけでなく、さらに骨が減ってしまうので、その後歯を失った後に入れ歯やインプラントをしようとしても条件が悪くなってしまいます。

周囲の健康な歯まで巻き込まれてしまう

歯周病がひどい歯を残していると、周囲の骨がだんだんと溶かされてしまいますが、そうすると隣接している歯の骨まで減っていってしまい、巻き添えを食らってしまいます。

周囲に感染が広がる

虫歯や歯周病というのは、細菌感染です。ひどい虫歯や歯周病を放置してると、感染が骨や周囲の組織に広がり、例えば、骨髄炎や上顎洞炎、蜂窩織炎(ほうかしきえん)といった重篤な感染症を起こすことがあります。また、血管に入り込んで全身に回ると、全身の様々な病気を引き起こす危険性もあり、命に関わることもあります。

口臭がひどくなる

歯周病が進行するにつれ、ひどい口臭を起こしやすくなります。そのような歯を残しておくことで、不快な口臭を発散し続けてしまう可能性があります。

抜歯に踏み切ったほうがいいケース

dental_extraction_02

次のような場合には、無理に歯を残さず、抜歯を検討されることをおすすめします。

ひどい歯周病

骨がほとんど吸収してしまっている歯周病は残しても噛めませんし、放置すると骨がどんどんなくなってしまうため、早めの抜歯をおすすめします。

歯根が割れている場合

歯根が割れてしまっている場合、その部分から持続的に細菌感染が起こり、周囲の骨がどんどん吸収してしまうため、抜歯をおすすめします。

ひどい虫歯

虫歯で歯冠(歯の頭の部分)が失われ、歯根まで進行しているケースでは、被せ物をすることができないため、ためらわずに抜歯をおすすめします。

特に、将来的にインプラントをお考えの方は、状態の悪い歯を無理やり残していくことで骨が減ってしまい、インプラントを行う際に治療が難しくなってしまう可能性があるため、悪い歯を無意味に残すのは避けたほうが賢明です。インプラントを行うには十分な骨があったほうが断然有利ですので、そのような点も考慮に入れて治療を決断するようにしましょう。
この記事もよく読まれています!
インプラントコラム
コラムを読む
Instagram