• 24時間WEB予約
  • 電話でお問い合わせ

オールオン4インプラントのメリット・デメリットは?

オールオン4インプラントは、インプラント治療のなかでも「天然歯がほとんどない」「歯がボロボロでなかなか治療方針が確立しない」などの方にも適用できる治療法です。
今回は、オールオン4インプラントのメリット・デメリットについて解説します。
他のクリニックで断られてしまった方でも、オールオン4インプラントであれば治療できる可能性があるので、まずは対応しているクリニックに相談してみましょう。

オールオン4インプラントとは

オールオン4インプラントとは、最小4本のインプラントで片顎全ての歯を回復できる治療法です。
例えば下の歯が全て抜けてしまっている(もしくは虫歯や歯周病でボロボロになっていて全て抜歯する必要がある)場合、
通常のインプラントであれば失った歯の部分全てにインプラント体を埋入する必要があります。
一方、オールオン4インプラントであれば4本程度のインプラント埋入で完了するため、
身体的にも金銭的にもメリットの高い方法として広がりました。
とはいえ最先端治療であるためまだまだオールオン4インプラントに対応できるクリニックは少なく、
治療できる場所が限られてしまうという課題も抱えています。

 

オールオン4インプラントのメリット

早速、オールオン4インプラントのメリットについて詳しく解説していきます。

 

人工歯を即日で装着できる

通常のインプラント治療の場合、インプラント体を埋入してから骨との定着を待ち、
安定してから人工歯を装着するのが一般的です。
一方オールオン4インプラントであれば手術当日に人工歯を装着できるので、歯がない状態が継続しません。
審美性や利便性の高さだけでなく、骨折を固定するギプスの役割を果たすことにも注目されています。
手術当日にインプラント同士を強固な人工歯で連結するため安定するのが早くなり、
硬いものを噛めるようになるまでのタイムラグを短縮できるようになりました。
少しでも早く天然歯と同じような使い心地を体感したいときにこそ、おすすめの治療法です。

 

治療費を安価に抑えられる

複数のインプラントを埋入する場合、その数の分だけ材料が必要になるだけでなく手術の難易度も上がるので、
治療費がどうしても高くなってしまいます。
例えば上下で20本のインプラントが必要な場合、当然ながら1本あたりの単価×20本分のコストがかかります。
莫大な費用がかかるため治療を断念してしまう方も多く、
合わない人工歯を使い続けて却って咀嚼力が落ちてしまうなどのギャップが長く続いていました。
しかし、オールオン4インプラントであれば最小4本のインプラント体埋入だけで完結するため、
失った歯の数が多い方にも最適です。
従来のインプラント治療より安価な選択肢となるため、新しい治療法として確立しました。

 

体の負担を軽くできる

複数のインプラントではなく4本程度で済ませられることは、体の負担軽減にもつながります。
インプラント体が多くなればなるほど歯茎を切開する部分が増えるので、その分手術も長時間に及びます。
手術中はもちろん麻酔を施し、その後の回復も早くなるよう対策はしていきますが、
どうしても1本の埋入と比較すると腫れやすくなることもあるでしょう。
傷の箇所が多くなるため細菌感染などのリスクも上がり、回復までに時間がかかることで日常生活にも影響しやすいなど、多くのデメリットがあったのです。
オールオン4インプラントであれば必要最小限のインプラント体埋入で済み、負担を軽減しやすくなります。
生活になるべく影響しない治療がしたい方や、手術が怖くてなるべく時間を短縮したい方にもおすすめです。

 

審美性が高い

インプラントとそうではない人工歯とを組み合わせて治療することも可能ですが、
オールオン4インプラントであれば前歯から奥歯まで連結した形になっているので、審美性が高くなります。
歯の大きさの違いや歯茎の引き締まり具合も全て左右対称にできるので、
歯を見せて食事をしたり笑ったりしたときの違和感がありません。
歯並びも改善されるのでがたがた感が少なく、噛み合わせにも影響しないのがメリットです。
人工歯は必ずしも永年利用できるものではないため、どうしても加齢や日常使用によるズレや経年劣化が出てしまいます。
最初はインプラントと他の人工歯を組み合わせてきれいに見えていても、
年数が経つにつれてズレが目立ってしまうケースがあるので注意しましょう。
「お金をかけた割に汚く見える」という現象を防ぎたいときは、思い切ってオールオン4インプラントにするのもひとつの手段です。

 

メンテナンスが楽になる

gum_disease_feature_02

オールオン4インプラントは埋入本数が少ないため、清掃する本数が少なくなり、管理が楽になります。
インプラントの寿命を長持ちさせるためには定期的な通院によるクリーニングが推奨されていますが、
本数が多くなればなるほど見るべきポイントが多くなり、どうしてもクリーニングにかける時間が長くなってしまいがちです。
必要なことだとわかっていても、通院の度に何十分も時間が取られているうち、
「クリニックに行くのが面倒くさい」と感じて足が遠のいてしまうこともあります。
結果、適切なメンテナンスが得られずインプラント周囲炎など別の病気にかかってしまうこともあるので注意しましょう。
誰にとってもメリットのないことなので、メンテナンスの楽さを重視して治療方針を確定することもポイントです。
歯並びをよくできるので自宅でのブラッシングもしやすくなり、
磨き残しを防ぐという側面でもオールオン4インプラントは貢献しています。

 

 

オールオン4インプラントのデメリット

反対に、オールオン4インプラントにはデメリットもあるので注意しましょう。
下記で代表的なデメリットをまとめています。

 

骨や体の状態では治療できない場合がある

オールオン4インプラントは難症例にも対応できる治療法ですが、だからといって全ての症例に適用できるとは限りません。
例えば、骨の質や量が基準に達していない場合、最小である4本以上のインプラント体を埋入する必要が出てきます。
地盤となる骨が弱い場合はどうしても支えとなるインプラント体を増やし、
安定させる必要があるのでまずは相談してみましょう。
また、骨の状態が著しく悪い場合、骨造成をする必要が出てきます。
骨を増やす治療をしてからオールオン4インプラントを検討することになるので、即時の治療ができないかもしれません。
個別の状態により判断が異なるので、気になる方はまずクリニックで検査してもらいましょう。

 

クリニック選びに時間がかかる

オールオン4インプラントに対応できるクリニックはまだまだ少なく、
十分な実績や歯科医師の知識を求めるのであれば、さらにクリニック選びに時間がかかります。
なかには間違ったオールオン4インプラントを強行しているクリニックもあるようで、
他のクリニックに治療し直しを依頼する事例も出ています。
価格や利便性だけでなく、最適な治療環境が整っているかを重視してクリニック選びをしていきましょう。
困ったときはオールオン4インプラントの公認インストラクターがいるクリニックを選ぶなどして対策するのもおすすめです。

 

まとめ

オールオン4インプラントは骨がほとんどない方(もしくはこれから抜歯する方)でも、きれいで噛み合わせのよい人工歯を手に入れられる治療法です。
身体的な負担も経済的な負担も軽減できるので、まずは信頼して任せられるクリニックを選定し、検査から始めていきましょう。

このコラムもよく読まれています!
お電話でお問い合わせ
よくあるご質問