• 24時間WEB予約
  • 電話でお問い合わせ

歯石取り、なるべく痛くないようにするには?

歯石取りはどうも痛くて苦手、という方もいることでしょう。歯石を取った方がいいのはわかっているが、どうしてもあの感覚が嫌でついついサボりがち、という方もいるかもしれません。しかし、歯石というものは、放置すると歯周病を確実に悪化させますし、口臭も引き起こしてしまう厄介なものです。

今回は歯石取りが苦手だという方のために、歯石取りの際になるべく痛みを感じないための秘訣についてご紹介します。

歯石取りが痛い場合の原因

shisekitori_01
歯石取りを痛いと感じる場合、主に次のことが理由になっています。

歯茎に炎症がある

通常だと触れて痛みが出ない程度の刺激でも、歯茎に炎症がある場合だと少しでも器具が歯茎に触れると敏感に感じてしまいます。

歯石が硬くて取りにくくなっている

歯石は、歯の周囲に溜まったプラークが、唾液のミネラル成分によって石灰化し、硬くなったものです。歯石は、放置されているほど硬くなり、だんだんと取りにくくなっていきます。溜まってまもない歯石の場合には、歯石取りの器具・機械で簡単に落とすことができますが、年季の入った歯石の場合、かなりパワーをあげるか、擦らなければ取れず、痛みを感じやすくなります。

歯石取り時になるべく痛みを起こさないためには?

次のような方法で、歯石取りの際に痛みをなるべく感じないようにすることができます。

歯石取りの数日前から特に念入りにブラッシングをしておく

歯茎というのは、ちょっとでも炎症を起こしていると痛みを感じやすいものです。歯茎は歯の周囲にプラークが溜まっているとすぐに炎症を起こしてしまいますので、歯石取りをする数日前くらいから、特に念入りにブラッシングをしておくことをおすすめします。もちろん、これは歯周病を悪化させないためにも、普段から日常的に行っておくことが大切です。

こまめに歯石を取る

歯石は硬くなればなるほど、取るのに労力を必要とし、痛みを感じやすくなるため、できるだけ、歯石が硬くならないうちに取るのがおすすめです。歯石のつきやすさには個人差があるので、歯石を取るタイミングについては、担当医と相談してみるとよいでしょう。

痛みを感じやすい場合、麻酔を使用する

痛みを感じやすい方の場合、麻酔をして行うことも可能ですので、担当医に相談してみましょう。

歯石取りというのは、歯石を溜め込んで、一気にとるほど痛みを感じやすいですし、歯石取りの後の知覚過敏も起こりやすくなります。そのため、溜め込む前にこまめに取る習慣をつけておくことをおすすめします。
  
このコラムもよく読まれています!
お電話でお問い合わせ
よくあるご質問