愛知県名古屋市の歯医者、吉岡歯科医院

フルマウス治療

精密治療

大事な歯を残すために基礎から一つ一つ丁寧に治療します
吉岡歯科医院は、インプラント治療以前に、歯を残すための治療をとても重視しています。CTやラバーダム、顕微鏡、というような精密治療には欠かせない器具や技術を使いながら、歯の持つ本来の寿命をできるだけ延ばせるような治療を行なっています。

根管治療(根の治療)にもCT撮影

インプラントでCT撮影を行うのはもはや当然のことと言っていいですが、当院では根管治療(根の治療)を行う際にもCT撮影を行い、複雑な根の形を術前に把握した上で治療を行います。

根管治療は、歯の根管というはっきりと見えない部分だから、歯のレントゲン写真を撮って、歯根の形を見ながら行うのが一般的ですが、二次元的な像しか見ることができないため、歯根の形を正確に把握するのに限界があり、治療自体も不確実なものになりがちです。

しかし、CT撮影をすることで、歯根の立体的な状態がはっきりとわかるため、より正確に治療ができるのです。

ラバーダム防湿で清潔・快適

ラバーダムは根の治療に必須

当院では根の治療を行う際、必ずラバーダムによる感染防御策を徹底しています。ラバーダムというのは、薄いゴムのマスクをお口に装着し、治療を行う部分の歯のみを露出させることができる装置で、治療を行う部位が唾液中の細菌に汚染されることなく、二次感染を防ぐことができるものです。

ラバーダムを使う他のメリットもあります。他の歯を削ってしまったり、舌・唇などを誤って傷つけてしまったりするリスクがありませんし、喉に水や削りかすが落ちてこないので、患者様にとっても非常に快適なのです。

接着剤を用いる治療でもラバーダムは必要

ラバーダムは根の治療だけでなく、歯に詰め物で接着剤を使う際にも必要です。治療している歯が唾液で濡れてしまっていては、接着剤がしっかりと機能しないからです。接着剤のつき具合に問題があれば、そこからいずれ虫歯が再発してしまったり、早期に脱落する原因になります。

当院では詰め物をしっかりと接着させるためにも、その都度ラバーダムを使用し、詰め物が長持ちするよう、そして歯が長く健康な状態に保てるようにしています。

マイクロスコープ(顕微鏡)による精密治療

マイクロスコープ(顕微鏡)

歯の歯根の根管は非常に細く、奥に行くにつれさらに細くなっていきます。従来までの治療方法では、術者が細くて長い針のような器具を根管内に入れ、レントゲンの画像をもとに根管の形を想像しながら手探りで行なっているのが通常でした。

つまり、目でしっかり見えてない状態で行う治療が普通だったのです。でも、マイクロスコープ(顕微鏡)を使えば、直径1ミリ以下の領域まではっきりと見ながら、より確実に悪い部分を取り除くことが可能になります。当院では、歯の細かい部分をできるだけはっきりと確認してより精密な治療を行うために、マイクロスコープを使った治療を様々な治療において行なっています。

歯を残す努力を惜しみません

男性

吉岡歯科医院では歯をできるだけ残すためにあらゆる手段を使い、治療を行なっています。それぞれをしっかりとした品質で行うためには、事前の準備から当日の処置まで莫大な労力が必要であり、とても気軽に行えるものではありません。

当院では、歯を残すための努力と、歯を長期に安定させるための努力をしています。そして、これらの治療を行っても助かる見込みのない歯については、残念ながら抜歯ということになりますが、その場合にも、なるべく長期的に安定が得られるような、安心・安全を追求したインプラントを行うように心がけています。

^


ホーム

診療予約

電話をかける