症例集

上下顎崩壊
症例4

ビフォー
アフター

極端なブラキシズム(歯ぎしり・食いしばり)に対してAll-on-4を行なったケースです。

         

治療内容
ボロボロになっている上の歯を抜歯し、All-on-4で治療しました。下の歯の噛み合わせ平面も乱れていたため、セラミックで整え、上の人工歯とともに噛み合わせを再構成しました。

治療前

患者様は強い歯ぎしり、食いしばりがある男性で、上の歯はボロボロになっていてほとんど残っておらず、下の歯には強い咬耗が全体的に見られ、全体的な噛み合わせが崩壊していました。

治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態

治療前の状態
治療前の状態

患者様に合わせた治療ポイント

無切開・無剥離で手術

無切開・無剥離で手術

無切開・無剥離で手術を行いました。この患者様では、コンピューターサージカルステントを用いて手術を行なったため、無切開無剥離で治療を行うことができました。

インプラントの撤去、追加

インプラントの撤去、追加

強いブラキシズムが原因でインプラントの撤去、追加を行いました。非常に強いブラキシズムがあったため、いくつかのインプラントは骨と結合せず、撤去し、追加のインプラントを行いました。

ナイトガードを必ず装着

ナイトガードを必ず装着

噛み合わせの力から歯を守るよう、ナイトガードを使っていただくようにしました。非常に強いブラキシズムにより、最終的な人工歯を装着後、2ヶ月で奥歯のセラミックの表面が剥がれました。そのため、眠っている間の歯ぎしりから歯を守るためのナイトガードを必ず装着していただくようにしました。

治療後

治療後
治療後
治療後
治療後
治療後
治療後
治療後
治療後

治療期間 約3年
費用 上顎 462万円(税込)
下顎 214.5万円(税込)
  • リスク・副作用
  • 術後の出血、数日間の腫れ、疼痛、内出血によるアザが出る可能性
  • 外科的治療によるリスク
  • 十分なメンテナンスを行わなければ失敗やトラブルを招く可能性

  1. 症例一覧
  2. 次の症例へ
インプラントコラム
コラムを読む
Instagram