症例集

上下顎崩壊
症例9

ビフォー
アフター

上顎前歯がグラグラして食事ができない患者様。上の骨質が悪く、下の歯も多数欠損しているケースを、上には骨造成をしてインプラント、下にはインプラントを行って噛み合わせを回復したケースです。

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

治療前

治療前

上の歯は支えを失いグラグラの状態です。下はほぼ前歯しか残っておらず、前歯が上の歯を突き上げるような噛み合わせになっています。

治療内容

下顎にインプラント埋入

下顎にインプラント埋入

下顎のインプラントをコンピュータガイドサージェリーで行いました。下顎にインプラントを埋入した後は上顎にインプラントを埋入する準備を行います。

上の抜歯と仮歯装着

上の抜歯と仮歯装着

下顎に仮歯を装着する時点で上顎の噛み合わせの平面を揃える為、また上顎のインプラント埋入位置の骨の成熟を促す為、インプラントの埋入予定位置に存在する歯を先に抜歯して、上顎に全体的な仮歯を装着しておきます。

下顎のインプラントの頭出し手術

上の抜歯と仮歯装着

下顎のインプラントの頭出し手術(二次手術)を行い、仮歯を装着します。

下顎のインプラントの頭出し手術
下顎のインプラントの頭出し手術
下顎のインプラントの頭出し手術
下顎のインプラントの頭出し手術
下顎のインプラントの頭出し手術
下顎のインプラントの頭出し手術
下顎のインプラントの頭出し手術

上顎に両側のサイナスリフトと前歯部のインプラント埋入

上顎に両側のサイナスリフトと前歯部のインプラント埋入

上顎の骨質が悪く、足りないので、骨を増やす手術であるサイナスリフトを行い、前歯にインプラントを埋入します。

11ヶ月後

11ヶ月後
11ヶ月後
サイナスリフトを行なった部位に骨ができたのを確認し、臼歯部分にコンピュータガイドサージェリーでインプラントを追加埋入します。

下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え

先に下顎のインプラントに上部補綴物を製作後、上顎の歯牙を全て抜歯し、インプラント支持の仮の義歯に切り替えます。

11ヶ月後

11ヶ月後

下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え
下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え
下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え
下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え
下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え
下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え
下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え

下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え

下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え

最終補綴物装着

安定した噛み合わせが実現しました。

最終補綴物装着
下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え
下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え
下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え
下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え
下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え
下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え
下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え
下に最終的補綴物装着、上は仮義歯に切り替え

最終補綴物装着

最終補綴物装着

治療期間 約2年
費用 上顎 462万円(税込)
下顎 165万円(税込)
  • リスク・副作用
  • 術後の出血、数日間の腫れ、疼痛、内出血によるアザが出る可能性
  • 外科的治療によるリスク
  • 十分なメンテナンスを行わなければ失敗やトラブルを招く可能性
  • サイナスリフトによる感染のリスク、治療期間の延長
  1. 症例一覧
  2. 次の症例へ
インプラントコラム
コラムを読む
Instagram