症例集

前歯のインプラント
症例1

ビフォー
アフター

前歯のインプラントを、歯茎が下がるのを防いで審美的に行なったケースです。Beforeが2003年の治療前、Aferが最終補綴物が装着され15年経過した2019年時点の写真となります。

治療前の状態

2003年の治療前

2003年の治療前

インプラント埋入前と埋入後

インプラント埋入前と埋入後
インプラント埋入前と埋入後

インプラント埋入から16年経過

2019年

インプラント埋入から16年経過

最終補綴物が装着後の経過

2004年

2004年

2010年(6年経過時点)

2010年(6年経過時点)

2019年(15年経過時点)

2019年(15年経過時点)
2019年(15年経過時点)
2019年(15年経過時点)
15年経過した後も、歯茎が下がることもなく、審美性が保たれ、機能的にも全く問題はありません。
治療期間 9か月
費用 GBRや骨移植、結合組織移植など
一箇所 33万円(税込)
  • リスク・副作用
  • 術後の出血、数日間の腫れ、疼痛、内出血によるアザが出る可能性
  • 外科的治療によるリスク
  • 十分なメンテナンスを行わなければ失敗やトラブルを招く可能性

前歯部インプラント治療の最大のリスクは、長期にわたる審美性の獲得と、それを維持していくことです。歯を抜くと、その歯を支えていた歯槽骨は段々と吸収して痩せていきます。その結果、インプラントが口腔内に露出してしまうことがあります。

さらに、抜歯後すぐにインプラントを埋入して負荷をかける場合は、インプラントを骨と結合させることすら難しいため、事前の診査をコンピュータ上で徹底的に行い、コンピュータガイドサージェリーを有効に使うことが必要となります。

インプラントをするのに十分な骨が無い場合にはGBRや骨移植、結合組織移植を行うことが必要となってきます。

  1. 症例一覧
  2. 次の症例へ
インプラントコラム
コラムを読む
Instagram