症例集

上下顎崩壊
症例11

ビフォー
アフター

奥歯を失ったことで下の前歯が上の前歯を突き上げるようになり、上の歯が前方に傾斜してしまったケースです。

治療前

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

治療前

治療前

両側の下の奥歯がなくなり、下前歯が上前歯を突き上げ、上前歯が前方傾斜を起こしています。

治療内容

保存不可能な歯の抜歯→仮歯装着

保存不可能な歯の抜歯→仮歯装着

保存不可能な歯牙を抜歯し、上顎は全体的に仮歯を入れました。

下奥歯のインプラント

下奥歯のインプラント

下の奥歯にコンピュータサージカルガイドを用いて、インプラント手術を行いました。

上顎にインプラントを埋入

上顎にインプラントを埋入

上顎も、コンピュータサージカルガイドを用いて、インプラントを埋め込みました。

二次手術(6ヶ月後)

二次手術(6ヶ月後)

6ヶ月後に、インプラントと骨がしっかりと結合したのを確認し、インプラントの頭出し手術を行い、インプラント支持の仮歯を装着しました。

最終補綴物装着

最終補綴物装着

最終補綴物装着
最終補綴物装着
最終補綴物装着
最終補綴物装着

最終補綴物装着

最終補綴物装着

最終補綴物装着

最終補綴物装着

治療期間 約2年半
費用 上顎 396万円(税込)
下顎 165万円(税込)
  • リスク・副作用
  • 術後の出血、数日間の腫れ、疼痛、内出血によるアザが出る可能性
  • 外科的治療によるリスク
  • 十分なメンテナンスを行わなければ失敗やトラブルを招く可能性
  • 噛み合わせの高さが低いまま治療をすると、歯ぎしりや食いしばりによる悪影響が起こる可能性
  1. 症例一覧
  2. 次の症例へ
インプラントコラム
コラムを読む
Instagram