症例集

上顎臼歯部のインプラント
症例2

ビフォー
アフター

上顎の奥歯にサイナスリフトを行った際、上顎洞底のシュナイダー膜が破損したのを適切に縫合、閉鎖したケースです。

サイナスリフトとは

サイナスリフトとは

上顎の骨を増やすサイナスリフトでは、歯茎を開いて手術部位を実際に目で見ながら施術が行えますので、上顎洞底のシュナイダー膜を挙上する際に破れたとしても、すぐにその部分を縫合し、閉鎖することができます。

一方、ソケットリフトでは、手術部位が見えないので、このようなことが起こっても分からず、対処することができません。

サイナスリフトについては、上顎臼歯部のインプラント症例1で詳しく説明しております。

治療期間 6か月(サイナスリフトのみ)
費用 サイナスリフト
片側 33万円(税込)
  • リスク・副作用
  • 術後の出血、数日間の腫れ、疼痛、内出血によるアザが出る可能性
  • 外科的治療によるリスク
  • 十分なメンテナンスを行わなければ失敗やトラブルを招く可能性
  • 上顎洞粘膜(シュナイダー膜)の剥離挙上時の破損
  • 上顎洞炎

  1. 症例一覧
  2. 次の症例へ
インプラントコラム
コラムを読む
Instagram