症例集

上下顎崩壊
症例8

ビフォー
アフター

全体的に歯がボロボロなヘビースモーカー。上顎に骨を作る手術を行い、全体的にインプラントを行なったケースです。

来院された経緯
歯が全体的にボロボロで、硬い物が噛めないので噛めるようにしたい、真っ白な歯を手に入れたい、という訴えで来院されました。
治療内容
上顎にはAll-on-4を支えるだけの骨がどこにも存在しなかったので、上の骨を増やす手術であるサイナスリフトを行い、骨が出来てからインプラントを埋入しました。下顎は十分な骨がありましたので、通常のAll-on-4にて、その日のうちに固定式の仮歯を装着しました。

治療前

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

治療前

治療前

下顎にAll-on-4

下顎にインプラントを行い、手術した当日に仮歯を固定しました。

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前

上顎にサイナスリフトとインプラント埋入

上顎にサイナスリフトとインプラント埋入

上顎の骨が極端に少ないため、上顎洞を利用して骨を作るサイナスリフトを行い、インプラントを埋め込みました。サイナスリフトをした部分に骨がしっかりとできるまで、総入れ歯を仮歯として使用していただきました。

9ヶ月後、サイナスリフトをした部分にインプラント埋入

9ヶ月後、サイナスリフトをした部分にインプラント埋入

サイナスリフトをして骨が十分にできた部分に、インプラントを埋め込みました。コンピューターガイドサージェリーにて、歯茎の切開を行わずに、インプラントを埋めました。

治療後

治療後

治療後
治療後
治療後
治療後
治療後
治療後
治療後
治療後
治療後

治療後

治療後

装着して2ヶ月後

装着して2ヶ月後
装着して2ヶ月後にネジの緩みがないかレントゲンでチェックします。

治療期間 約3年
費用 上顎 594万円(税込)
下顎 352万円(税込)
  • リスク・副作用
  • 術後の出血、数日間の腫れ、疼痛、内出血によるアザが出る可能性
  • 外科的治療によるリスク
  • 十分なメンテナンスを行わなければ失敗やトラブルを招く可能性

この患者様は、上顎の骨が極端に少なく、ザイゴマインプラント(頬骨インプラント)をして即日歯を入れる選択肢もありました。ですが、ヘビースモーカーであるため、インプラントに感染を起こしやすいリスクを考慮し、感染リスクが高くなる治療法は避け、抜歯をした後に骨と粘膜の治癒を待ってから、インプラント埋入とサイナスリフトを行うという、より確実な方法を取りました。

  1. 症例一覧
  2. 次の症例へ
インプラントコラム
コラムを読む
Instagram