症例集

上顎崩壊
症例1

ビフォー
アフター

他院でサイナスリフトを行ったがうまくいかず、当院でやり直したケースです。

治療前

治療前

治療前
治療前
治療前
治療前
治療前
治療前

治療前

治療前

患者様は、他院で上顎の骨を増やす「サイナスリフト手術」を受けましたが、骨ができず、当院にて再度サイナスリフトを行いました。その後、以前から存在していたインプラントと連結しました。

右側サイナスリフト

術前の状態

術前の状態

破損したシュナイダー膜を封鎖

破損したシュナイダー膜を封鎖

歯茎を開き、上顎洞の粘膜であるシュナイダー膜を剥がす際にシュナイダー膜が破損したため、封鎖しました。出血量が少なく、血液供給が悪いことが予想され、骨があまりできない確率が高いと考えられます。

手術当日に仮歯装着

手術当日に仮歯装着

人工骨を血餅と混和したものを上顎洞の底に貼り付けます。

縫合

縫合

傷口をしっかりと塞ぎます。

左側サイナスリフト

術前の状態

術前の状態

粘膜を剥離

粘膜を剥離

粘膜を剥離すると、以前にサイナスリフトを行われた跡があり、人工骨の材料が残った状態で、周囲に骨は出来ていませんでした。

手術当日に仮歯装着

手術当日に仮歯装着

古い人工骨素材を取り除き、新たに人工骨を入れ直します。

縫合

縫合

傷口をしっかりと塞ぎます。

インプラント埋入

インプラント埋入

右側の上顎洞は感染を起こし、あまり骨ができませんでしたが、骨のある場所をCTで探して、コンピュータサージカルガイドを用いて、ピンポイントでベストな位置にインプラントを埋め込みました。

半年後

半年後

すべてのインプラントが骨と結合しているのを確認しました。前医が治療した上顎前歯のブリッジは取り外し、今回埋めたインプラントと連結することにしました。

最終補綴物装着

最終補綴物装着

最終補綴物装着
最終補綴物装着
最終補綴物装着
最終補綴物装着

最終補綴物装着

治療期間 約2年半
費用 上顎 462万円(税込)
  • リスク・副作用
  • 術後の出血、数日間の腫れ、疼痛、内出血によるアザが出る可能性
  • 外科的治療によるリスク
  • 十分なメンテナンスを行わなければ失敗やトラブルを招く可能性
  • サイナスリフトによる感染のリスク、治療期間の延長
  • インプラントが骨と結合しないリスク
  1. 症例一覧
  2. 次の症例へ
インプラントコラム
コラムを読む
Instagram