症例集

上下顎崩壊
症例1

ビフォー
アフター

体格が良く、咬合力の強い重度の歯周病男性。全体的にグラグラで噛み合わせが崩壊しているため、All-on-4を行なったケースです。

治療前の状態

全ての歯が歯周病に罹患しており、多くの歯に著しい動揺があります。

治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態

治療前の状態

治療前の状態

治療前の状態

動揺のない下両側奥歯を残し、全ての歯牙を抜歯。上顎は骨が不足しているため、左右サイナスリフトを行い、上顎は前歯部に6本と奥に2本のインプラントを埋入。しっかりと固定された前歯部と左側奥に手術当日に固定式の仮義歯を装着。下顎は前歯部に4本のインプラントを埋入し、手術当日に固定式の仮歯を装着。

手術の詳細(上下All-on-4、両側サイナスリフト)

step1.動揺のひどい歯を抜歯

手術の詳細
インプラント手術の前に、一般診療室で口腔内の清掃と歯茎への麻酔を行い、グラつきのひどい歯を抜歯した後、クリーンルーム化された手術室に移動していただきます。

手術の詳細

step2.上顎にインプラント埋入、サイナスリフト

手術の詳細
コンピュータサージカルガイドステントを使用し、適切な場所に正確にインプラントを埋め込みます。コンピュータサージカルガイドステントを用いることにより、手術時間の短縮、歯茎の切開剥離の範囲を小さくすることで、術後の腫れや痛みを抑えることができます。上奥歯の骨が足りない部分にはサイナスリフトを行います。

手術の詳細

step3.下顎にインプラント埋入

手術の詳細

手術の詳細

下顎もコンピュータサージカルガイドステントを用いることで、歯肉の切開や剥離なしに、4本のインプラントを正確な位置に埋入することができました。

手術の詳細

step4.上顎にインプラント埋入、サイナスリフト

手術の詳細
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態

奥歯のインプラントに揺さぶりの力をかけないように、顎の位置をリセットするために、この段階では、上下の前歯のみ噛み合うように調整します。

治療後の経過

下顎前歯インプラント2本撤去→
再インプラント

下顎前歯インプラント2本撤去

下顎もコンピュータサージカルガイドステントを用いることで、歯肉の切開や剥離なしに、4本のインプラントを正確な位置に埋入することができました。

上顎インプラント2本撤去→
再インプラント

上顎インプラント2本撤去

その後、右上臼歯部のインプラント2本もきちんと骨とくっついていないことが確認されました。他の2本のインプラントも、部品やネジが破損していたことから、下顎と同様に噛み合わせの力が強すぎたことや、夜間の食いしばりなどが原因として考えられました。そのような事態を想定してあらかじめ用意していたインプラントに、骨としっかり結合したインプラントを連結し、固定式の仮歯を維持しました。
このように、インプラントのネジや部品が破損してくる患者さんに対しては、インプラントの数を増やし、噛み合わせの力を分散して対応します。

無切開、無剥離で手術

無切開、無剥離で手術

上下顎にインプラントを追加で埋め込んだ直後の口腔内写真。既に骨にくっついたインプラントに固定源を設けてコンピュータサージカルガイドステントを用いて手術を行っていますので、無切開、無剥離での手術が可能でした。出血もほとんどありません。

無切開、無剥離で手術

無切開、無剥離で手術

無切開、無剥離で手術

過剰な噛み合わせの力が原因で、骨とインプラントがきちんとくっつかなかった経緯があるため、2年以上経過を確認した後、最終的な人工歯を作製しました。

最終的な人工歯をセット

最終的な人工歯をセット

最終的な人工歯をセット

最終的な人工歯をセット
最終的な人工歯をセット
最終的な人工歯をセット
最終的な人工歯をセット

治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態
治療前の状態

装着後2ヶ月経過

治療前の状態
治療前の状態
装着後2ヶ月経っても経過良好です。

治療期間 3年
費用 上顎 462万円(税込)
下顎 330万円(税込)
  • リスク・副作用
  • 術後の出血、数日間の腫れ、疼痛、内出血によるアザが出る可能性
  • 外科的治療によるリスク
  • 十分なメンテナンスを行わなければ失敗やトラブルを招く可能性
  • インプラント手術後早期に過剰な噛み合わせの力がかかると、骨と結合しないリスク

  1. 症例一覧
  2. 次の症例へ
インプラントコラム
コラムを読む
Instagram